« 日野の庚申塔 | トップページ | 解釈の変更 »

2014年7月 5日 (土)

アテナの盾

京浜急行の汐入駅を下車して約5分のショッピングセンター前の桟橋から"YOKOSUKA軍港めぐり"の遊覧船が発着している。

P1120563_2

出港して間もなく、右舷方向に海上自衛隊の潜水艦が係留されている。
ほぼ確実に潜水艦を見ることができるスポットだ。

P2160912

さらに進むと、アメリカ海軍のアーレイ・バーク級ミサイル駆逐艦、ラッセン(DDG- 82 USS Lassen)とマクキャンベル(DDG- 85  USS McCampbell)が係留されている。

P2160894

同級駆逐艦、ジョン・S・マケイン(DDG- 56 USS John S. McCain)、フィッツジェラルド(DDG- 62 USS Fitzgerald)、ステザム(DDG- 63 USS Stethem)も少し離れた岸壁に係留されている。

P2160947

アメリカ海軍のミサイル駆逐艦と並んで係留されているのは、海上自衛隊のこんごう型護衛艦、"こんごう(DDG-173)"と"きりしま(DDG-174)"だ。

P2160919

これらの駆逐艦、護衛艦は"イージス艦"と呼ばれている。

イージス(Aegis)とは、ギリシャ神話の最高神ゼウスが、娘で、知恵、芸術、工芸、戦略を司る女神アテナに与えた盾のことだ。
イージスは、すべての邪気を払うとされている。

イージス艦は、高性能レーダーと高度な情報処理・射撃管制システムを装備して、多数の目標を追尾し、同時に10個以上の目標を攻撃する能力を持っている。

艦橋に設置された六角形の板状に見える"フェーズドアレイレーダー"が、イージス艦の目印になるね。

P2160934

海上自衛隊の護衛艦がアメリカ海軍の護衛艦とそっくりなのは、イージスシステムをアメリカからそっくり技術供与されているからだ。

建造費が1200億円を超えるイージス艦を日本は6隻配備しているが、通常、横須賀に定留しているのは"きりしま"だけだ。
アメリカ海軍のイージス艦は7隻も横須賀を母港にしている。
国内でこれだけの数のイージス艦を見られるのは横須賀港だけだろうね。

アメリカ海軍のミサイル駆逐艦はすべてイージス艦でその保有数は80隻を超えている。
彼我の国力の差は歴然としているね。

集団的自衛権に関する憲法解釈の変更が閣議決定された。
私たちも、国防の現状を知らずに議論することはできないと思うな。

Please click the nether banner if you sympathized with this blog.

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村

Thank you very much.

« 日野の庚申塔 | トップページ | 解釈の変更 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574058/59922111

この記事へのトラックバック一覧です: アテナの盾:

« 日野の庚申塔 | トップページ | 解釈の変更 »

ブログパーツ

  • 日本ブログ村
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ