« 丸太と髪切 | トップページ | 芒種 »

2014年6月 5日 (木)

苧と髪切

大楠山の麓、ゴルフ場に隣接する道の傍には、カラムシ(苧)が茂っている。

このカラムシを食草としているラミーカミキリ(Ramie髪切:Paraglenea fortunei )だ。
5月から6月頃この場所に行けば、まず間違いなくこの洒落者のカミキリを見ることができる。

P5313560

暖地系のラミーカミキリは、元々日本には生息していなかった。
幕末から明治期に、中国からカラムシとともに移入されたといわれている。

P5313565

現在、ラミーカミキリは生息域を北方へ広げているそうだ。
何でもかんでも温暖化を理由にするのは早計だけどね。

カラムシは私が住む住宅地でも"雑草"として茂っているから、ラミーカミキリが食草に不自由しないのは間違いない。

P5313530

(撮影日は2014年5月31日)

Please click the nether banner if you sympathized with this blog.

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村

Thank you very much.

« 丸太と髪切 | トップページ | 芒種 »

鞘翅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 苧と髪切:

« 丸太と髪切 | トップページ | 芒種 »

ブログパーツ

  • 日本ブログ村
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ