« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月の記事

2014年3月31日 (月)

花のトンネル

気象庁が桜の開花を宣言してから暖かい日が続いたので、ソメイヨシノが一気に花開いたようだ。

息子が通う大学には立派な桜並木がある。
土曜日の開花状況をメールで息子が送信してきたが、既に六、七分咲きといったところかな。

20140329190151

この大学では、桜の季節にキャンパスを一般開放している。
大学だから樹の下で宴会することは禁止されているようだが、例年、近所の人々がたくさん訪れるお花見スポットになっている。

20140329190044

花のトンネルを抜ける感覚は最高だろうね。
この大学には海外からの留学生が多いけど、日本の美しさも感じてもらえるのではないかと思う。

(撮影日は2014年3月29日)

Please click the nether banner if you sympathized with this blog.

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村

Thank you very much.

2014年3月30日 (日)

Spring ephemeral

相模原市緑区(旧藤野町)にある石砂山へギフチョウ(岐阜蝶:Luehdorfia japonica )を見に行った。

P3291998

P3292032

それほど高い山ではないのだけど、麓からの登り道は少し険しい。
冬の間に鈍った体は息が切れる。

Dsc_0273

ギフチョウは適度に下草が生える落葉広葉樹に生息するが、里山の減少や荒廃によって絶滅が危惧されている蝶だ。

カタクリの花が咲く頃だけに成虫が姿を現す"スプリング・エフェメラル(Spring ephemeral)"だね。
妖精のように可憐な姿をしている。

P3291502

P3291443

晴天で暖かく風がない日でないと飛ばないから、運が悪いと空振りになる。
この日は雲が多かったけど陽がさしたし、汗ばむくらいに暖かかった。
期待どおり、山頂にはギフチョウが3頭ほど訪れていた。
私がギフチョウを見るのは4年ぶりだったかな。
久しぶりに再会することができて嬉しかったね。

Dsc_0271

山頂には、私を含めて10人ほどの愛好者がギフチョウを追って右往左往していた。

P3292024

下草が生い茂るような環境はギフチョウの生息に適していない。
人が立ち入らない奥山の原生林にギフチョウが舞うことはないのだ。

文化財として"天然記念物"に指定し、寄らず触らずでは生物の絶滅を防ぐことはできない。
枝打ち、下草刈りなど里山環境の担い手がギフチョウの生存を支えている。

(撮影日は2014年3月29日)

Please click the nether banner if you sympathized with this blog.

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村

Thank you very much.

2014年3月29日 (土)

どんな虫?

JR水戸駅から徒歩5,6分、水戸東照宮のすぐ近くにアーケード商店街があるが、思わずシャッターを切ってしまうほど、見事なくらいに寂れているのだ(失礼)。
休日の昼下がりだというのに、人っ子一人歩いていない。

P3231972

夜になれば飲食店が立ち並ぶこの通りは客で賑わうのだろうか、余計な御世話だけど心配になってくる。

ユニークな店名が多いなと思いながら歩いていたら、一軒の店の看板に目がとまった。

P3231974

店主が思う"夜の虫は"どんな虫なのだろうか、とても興味があるね。

Please click the nether banner if you sympathized with this blog.

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村

Thank you very much.

2014年3月28日 (金)

水戸城

P3231722

徳川御三家のひとつ、水戸徳川家の居城だった水戸城は、JR水戸駅から歩いて10分ほどの高台にある。

天守や櫓は残されていないし、石垣がなく土塁と空堀で構成された城郭なので、ずいぶんと質素な印象だね。

P3231964

空堀の一部には鉄道の線路が敷かれている。

P3231714

三の丸跡には国の特別史跡に指定されている藩校"弘道館"がある。

P3231691

現在の水戸城跡には、県立水戸第一高等学校、水戸第三高等学校、市立水戸第二中学校、市立三の丸小学校、茨城大附属小・幼稚園が建っている。
これだけ文教施設が集中しているのも面白い。

P3231712

水戸一高の敷地内には、水戸城の城門だった"薬医門"が残され、かろうじて往事の面影を伝えている。

P3231709

P3231698

P3231715

P3231685

三の丸から少し離れた場所だけど、県立水戸第二高等学校も水戸城下に立地している。

P3231969_2

茨城の県立高校には、○○第○高等学校と数字の付いた校名が多い。
徒歩15分以内に近接している水戸の一高、二高、三高は、いずれも県下有数の進学校として知られている。
水戸は、"水戸黄門"徳川光圀公以来の教育重視姿勢が伝承されている街なのだろうな。

Please click the nether banner if you sympathized with this blog.

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村

Thank you very much.

2014年3月27日 (木)

枝ぶり

ウメ(梅:Prunus mume )の樹は多くの枝を四方に伸ばしていく。
剪定されて樹形が造られていくのだろうが、個性的な枝ぶりを眺めるのがなかなか面白い。

P3231912

水戸の弘道館に"臥龍梅"の銘が記された樹があった。
ほとんど倒木に見えて、根元もよく分からないが花を咲かせている。

P3231926

P3231951

東日本大震災で大きな被害を受けた水戸の弘道館もようやく修復工事が完了し、今日(3月27日)から一般公開が再開されるそうだ。

P3231936

(撮影日は2014年3月23日)

Please click the nether banner if you sympathized with this blog.

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村

Thank you very much.

2014年3月26日 (水)

陰から陽へ

水戸の偕楽園は、金沢の兼六園、岡山の後楽園と並ぶ"日本三名園"のひとつで、1842年(天保13年)に水戸藩主 徳川斉昭公によって造園された。
斉昭は、領民と"偕(とも)に楽しむ"場にしたいとの願いを込めて"偕楽園"と名付けたそうだ。

回遊式庭園は、散策しながら移り変わる景観を楽しむように設計されている。
偕楽園は表門から巡るのが正しい順路だという。

P3231787

すなわち、孟宗竹林、大杉、クマザサが茂る幽遠閑寂な"陰の世界"を抜けると"好文亭"が現れ、見晴らしがよく開かれた"陽の世界"を体感することができる。

P3231747_2

P3231328

斉昭公は、"陰と陽の相反するものの調和によって、万物は健全育成するという原理に基づき、人間もまた屈伸して身体や心の調和を図り、修養につとめよ"と説いた。

P3231286

斉昭公は自らが設計した好文亭に文人墨客や家臣、領内の人々を集めて、詩歌や慰安会を催したそうだ。

P3231331

P3231821

好文亭で面白かったのが配膳用のエレベータだ。
1階から3階への急な階段で膳を運び上げるのが大変だったのだろう。

P3231837

P3231815

もちろん人力で引き上げるのだが、当時としては先進的な設計だったのだろうね。

Please click the nether banner if you sympathized with this blog.

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村

Thank you very much.

2014年3月25日 (火)

茨城では

水戸の偕楽園へ観梅に行った。
関東で有数の梅の名所として知られる偕楽園を訪れるのは初めてだ。

情報収集で茨城県庁ホームページを閲覧していたら、トップページのバナーに目がとまった。

"茨城では、花見と言えば梅なのです。"
"これは、ゆめか・・・?うめか。"
"松や竹に負けるような梅ではありません。"

駄洒落を混ぜながらも梅を熱くアピールしているね。

これが功を奏したのか否かは知らないが、偕楽園は大勢の人で賑わっていた。
偕楽園前駅に下り列車が停車する度に観光客が下りてくる。

P3231848r

P3231380

P3231768

P3231860

P3231353

P3231776

梅の古木が多い偕楽園では枝振りを見るのも面白い。
まあ、梅という樹は真っ直ぐに伸びないようで、どの樹も個性的だ。

P3231765

P3231874

P3231742

若い樹が多い外苑は木々の間隔が広く、元気よく花が咲いていた。

P3231391

P3231291

P3231338

P3231379

P3231862

開花状況も天気も最高の花見になった。

(撮影日は2014年3月23日)

Please click the nether banner if you sympathized with this blog.

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村

Thank you very much.

2014年3月24日 (月)

踏んでるよ

田浦駅から少し歩いたところに、田浦神明社がある。

ここは、周辺にあった貴布禰(きふね)神社、御霊(ごりょう)社、御伊勢山皇大神宮、暗雲(やくも)社を合祀した社だという。

P3161404

P3161405

階段の両脇に狛犬が据えられている。

阿形の獅子は玉に右前脚をのせているが、吽形の狛犬が少し変わっている。

P3161407

小さな狛犬の頭に前脚をのせているのだ。
踏みつけているようにも見えるね。
こちらの狛犬が据えられたのは平成4年(1992年)だ。

P3161406

階段を登りきったところに、もう一対の狛犬が据えられている。

P3161409

やはり獅子は玉の上に足を載せているが、狛犬は小さな狛犬を前足で押さえつけている(ように見える)。

P3161408

下方の狛犬よりこちらの方がずっと古く、据えられたのは昭和2年(1927年)とある。

こどもを連れた狛犬は何回か見たことがあるが、踏んでいるのは初めてだね。

Please click the nether banner if you sympathized with this blog.

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村

Thank you very much.

2014年3月23日 (日)

引き込み線

JR田浦駅から海沿いの道を歩いてみた。

P3161417

防衛省、自衛隊の施設や倉庫が立ち並ぶ人気がない道に、使われなくなった線路が放置されている。

P3161426

軍港へ貨車で物資や兵員を運ぶための線路だったのだろう。
ぷっつりと途中で途切れている。

Please click the nether banner if you sympathized with this blog.

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村

Thank you very much.

2014年3月22日 (土)

隧道

横須賀線は軍港都市への物資、兵員の輸送を目的に1889年(明治22年)に開通した路線だ。
丘陵が続く三浦半島だから、大船から南の区間には必然としてトンネルが多い。

田浦駅の両端はトンネルに挟まれている。
15両編成だとホームの長さが足りず、東京寄り先頭の1両はトンネル内に停車することになる。
当然、トンネル内ではドアが開かず、降車客は2両目へ移動しなくてはならない。

P3161345

建設後、120年以上が経過した横須賀線にはレンガ造のトンネルが多い。

同じレンガ造りだけど、よく見ると断面形が異なるトンネルがある。
単線トンネルが2本並んでいるが、左側の断面は逆U字なのに右側は馬蹄形なのだ。

P3161427

P3161419

同じ時期に造られたと思うのだけど、この違いはなぜだろう。
因みに、馬蹄形の方が土圧に強いらしい。

横須賀線の田浦駅と横須賀駅の間にある吉倉公園の隅に芥川龍之介の文学碑が建てられている。
芥川は横須賀の海軍機関学校で英語教官をしていた頃、横須賀線で通勤していたそうだ。
文学碑には"蜜柑"の一節が記されている。

P3161440

芥川が乗車していた頃は"汽車"つまり蒸気機関車だった。

隧道の中で窓を開けると、"煤を溶かしたようなどす黒い空気が、俄かに息苦しい煙になって、濛々と車内へ漲り出した"そうだ。

Please click the nether banner if you sympathized with this blog.

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村

Thank you very much.

2014年3月21日 (金)

春分

"春分(しゅんぶん)"
太陽が真東から昇って真西に沈み、昼夜がほぼ等しくなる

三連休を利用して仙台に出掛けている。

Oi000007_2

関東地方は晴天に恵まれ、東北新幹線の車窓から富士山や筑波山の綺麗な姿を見ることができた。

Oi000006

Oi000005

郡山を過ぎた頃から雲が多くなり、仙台は雪だったけどね。

二十四節気(にじゅうしせっき)は、1年の太陽の黄道上の動きを視黄経の15度ごとに24等分して決められている。
太陰太陽暦(旧暦)では季節を表すために用いられていた。

Please click the nether banner if you sympathized with this blog.

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村

Thank you very much.

2014年3月20日 (木)

ニホンミツバチ

久しぶりに見たニホンミツバチ(Apis cerana japonica Rad )は活発に働いていた。

満杯で重そうな花粉バスケットをぶら下げて、梅の花から花へと飛び廻る。

P3160553r

P3160575r

P3160577r

P3160582r

P3160517r

おっと、これはミツバチにそっくりなアブの仲間だね。
ミツバチほど忙しなく飛び廻らないから撮りやすい。

P3160533

Please click the nether banner if you sympathized with this blog.

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村

Thank you very much.

2014年3月19日 (水)

鈍ったな

田浦梅林は小高い山の上にあるので、かなりの急階段を登らなくてはならない。

Dsc_0222

半分ほど登ったところで、息が上がってしまった。
冬場の運動不足のせいだろうか、困ったことにすっかり体が鈍っている。

Dsc_0223

梅の花にニホンミツバチが集まっていたので撮影したのだが、これがほとんど当たらない。
ハチの動きを予測して先回りできないのだ。

P3160556

P3160584r

久しぶりの昆虫撮影だったけど、すっかり腕が鈍っているようだ。
虫撮りブログを標榜しているのに困ったものだね。

早く勘を取り戻さなくてはいけないな。

Please click the nether banner if you sympathized with this blog.

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村

Thank you very much.

2014年3月18日 (火)

送梅

観梅には三通りの楽しみ方があるそうだ。
曰く、咲き始めから四、五分咲きの時期に梅の花を探しながら観賞する"探梅(たんばい)"、 八分から満開の時期に咲き乱れた梅の花を観賞する"賞梅(しょうばい)"、 盛りを過ぎた梅の花に感謝を込めて観賞する"送梅(そうばい)"だ。

横須賀市の田浦梅林に送梅に出掛けた。

P3161350

1934年(昭和9年)、地元の人たちによって梅林組合が設置され、小高い山に700本の梅を植えたのが田浦梅林の始りだ。
現在では2,000本を超える梅が楽しめる三浦半島有数のスポットになっている。

P3160510

花弁がひらひらと風に舞う中を歩くのもなかなか風情があるものだ。

P3161353

満開は過ぎているが、遅咲きの品種は今が見ごろかもしれない。

P3160508

P3160499

P3161375

P3161356

P3160567

ここの八重咲きの品種が好きなのだけど、今年は見頃を逃してしまった。

P3161390

(撮影日は2014年3月16日)

Please click the nether banner if you sympathized with this blog.

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村

Thank you very much.

2014年3月17日 (月)

展望台

新宿御苑の帰り道、妻と二人で食事をしてから東京都庁に立ち寄った。
天気が良かったので、展望台へ登ってみることにしたのだ。

P3081339

東京都庁の上層は南北の2棟に分かれているが、それぞれの45階(高さ202メートル)に展望室が設けられている。

南展望室から北展望室を眺めるとこんな具合だ。

P3081336

新宿の高層ビル群に都庁の影が伸びている。

P3081304

六本木方面には六本木ヒルズなどが見えるが、ミッドタウンの隣に見える東京タワーはあまり目立たないね。

P3081320

もちろん、約11km離れた東京スカイツリーも見える。
こちらの方向はまだ高層ビルが少ない。

P3081316

先刻散策した新宿御苑の周りは完全に建築物に囲まれている。

P3081310

新宿御苑や明治神宮の森、代々木公園が大都心のオアシスだということがよく分かるね。

P3081327

Please click the nether banner if you sympathized with this blog.

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村

Thank you very much.

2014年3月16日 (日)

メジロ

新宿御苑の早咲き桜には、沢山のメジロ(目白:Zosterops japonicus japonicus )が集まっていた。

もちろんメジロのお目当ては桜の花蜜で、花から花へ忙しなく飛び交う。
新宿御苑のメジロは人慣れしているようで、かなり近くまで寄ってくる。
鳥をマクロレンズで撮影するのは、距離が足りないし無理があるのだけれど、何枚か撮ってみた。

P3080346

花の蜜はメジロの大好物だ。
細い枝に逆さまに止まり、上手に蜜を吸う。

P3080344

体がより大きなヒヨドリの姿もあったが、不器用なのか乱暴なのか花弁を次々と落としていく。
花と仲良しのメジロはそんなことをしない。

P3080363

P3080310r

(撮影日は2014年3月8日)

Please click the nether banner if you sympathized with this blog.

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村

Thank you very much.

2014年3月15日 (土)

記録的大雪の影響

2月の記録的な大雪は新宿御苑の樹木にも大きな被害を及ぼしたようだ。
園内のいたるところに倒木や折れた枝があり、一部の遠路は通行止めになっていた。

P3081253

湿った重い雪に太い枝も耐えきれなかったのだろうね。

P3081243

(撮影日は2014年3月8日)

Please click the nether banner if you sympathized with this blog.

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村

Thank you very much.

2014年3月14日 (金)

旧洋館御休所

新宿御苑では旧洋館御休所(ごきゅうしょ)が保存、公開されている。

天皇や皇族が新宿御苑内の温室で植物を御覧になる際の休憩所として、明治29年(1896年)に建てられたものだ。

P3081279

何回か増築されて昭和初期まで御休所として使用されたそうだ。

P3081294

終戦まで皇室の庭園だった新宿御苑では、明治時代から温室でランを栽培し、交配による独自の新品種の作出に力を入れていた。

遺構の一部が保存されている。
基礎石の上にイギリス積のレンガが積まれている。

P3081288

Please click the nether banner if you sympathized with this blog.

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村

Thank you very much.

2014年3月13日 (木)

春告げの新宿御苑

週末の新宿御苑で最も華やかだったのはカワヅザクラ(河津桜)などの早咲きの桜だった。
桃色の花が遠くからも目を惹いたね。

新芽が伸び、満開を少し過ぎた頃だろうか。

P3080323

好天だったので、青空に花がよく映える。
風がほとんどなく、気温は少し低かったけど春らしくて気持ちよかった。

P3081257

P3081265

P3080388

P3080401

カワヅザクラの他にも、春告げの花々が咲いていた。

池のほとりに咲くのは、サンシュユ(山茱萸)の小さな花だ。

P3081239

マンサク(満作)はちょうど見ごろの満開だった。

P3081246

ロウバイ(蝋梅)やミツマタ(三椏)の黄色い花も春らしい。

P3080425

P3080432

そうそう、フクジュソウ(福寿草)も黄色い可憐な花を咲かせていた。
地面から頭を出すつぼみの頃の方が可愛らしいかな。

P3080372

春の公園はただ歩くだけでも楽しい。

P3081249

(撮影日は2014年3月8日)

Please click the nether banner if you sympathized with this blog.

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村

Thank you very much.

2014年3月12日 (水)

これは超穴場かな

職場の同僚が早咲き桜の写真を送ってくれた。
伊豆の下賀茂温泉の近くだという。

南伊豆町観光協会のホームページを見ると、青野川の堤に桜と菜の花が植えられているそうだ。

Photo

同じ伊豆の河津の桜は大変な人気で週末ともなれば大混雑だが、より下田に近い(多くの観光客にとっては遠い)こちらはなんとものどかな風景だ。
同僚によると数年前に比べれば人出が多くなっているそうだけど。

__3

写真を撮るならこちらが良いね。
超穴場かもしれないな。

Please click the nether banner if you sympathized with this blog.

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村

Thank you very much.

2014年3月11日 (火)

三年

東日本大震災から三年が経過した。
週末からテレビや新聞で特集が報じられている。

三年も経過しているのに、復興が遅々として進まない被災地もある。
今でも26万人以上の人が避難生活を強いられ、長期の避難生活による震災関連死は増加し続けているそうだ。

復興が遅れている理由は種々様々なのだろうが、一人でも多くの人に少しでも早く元気を取り戻してほしい。

P3080266

福島第一原子量発電所の事故は過去のものではなく、現在、そして数十年間は継続する問題だ。
被災地、東北のことを決して忘れずに、自分に何ができるかを常に意識しなくてはいけないと改めて思う。

Please click the nether banner if you sympathized with this blog.

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村

Thank you very much.

2014年3月10日 (月)

観梅

梅の花が見ごろになったというので、新宿御苑へ出掛けて見た。

思ったほど開花が進んでいないようで、満開はもう少し先のようだった。

P3080374

2月の大雪と強風の影響なのだろう、枝が折れてしまった樹が何本もある。
太い幹が折れた老木には全く花が咲いておらず心配になってしまった。

P3080386

P3080409

香りでも楽しめるのが梅の花見の良いところだ。

Please click the nether banner if you sympathized with this blog.

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村

Thank you very much.

2014年3月 9日 (日)

出遅れたけど

妻と二人で新宿御苑に出掛けた。

自宅を出るのか遅くなってしまったので、到着したのは午前11時頃だった。
池の傍の土の斜面を下りていたら、サクサクと音がする。

足元を見ると、きらきらと霜柱が輝いていた。
まだ融けずに残っていたのだね。

P3080247

横須賀の自宅周辺では霜柱が立たないので、久しぶりに味わう感覚だった。

霜柱

Please click the nether banner if you sympathized with this blog.

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村

Thank you very much.

2014年3月 8日 (土)

亀甲

京浜急行の日ノ出町を下車して野毛山動物園方面に向かうと、交差点に面するマンションの擁壁が目を引く。
普通の擁壁とは明らかに一線を画する風格があるのだ。

P3021234_2

近寄って見ると、六角形の"亀の甲羅"のような石が使われわれているのが分かる。

P3021228_2

横浜市が歴史的建造物に認定しているこの擁壁は"野毛山住宅亀甲積擁壁"だ。
この擁壁が造られたのは明治20年代、今から120年ほど前だけど、隙間なく積み上げられた石は経年劣化を感じさせない。

P3021229_2

野毛山住宅が建築される前、この場所には"平沼専蔵別邸"が建っていた。
生糸貿易で財を成した平沼家だね。

角の石積みはまるで城郭の様だ。

P3021230_2

Please click the nether banner if you sympathized with this blog.

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村

Thank you very much.

2014年3月 7日 (金)

背中合わせ

渋谷駅東口から歩いてすぐ、宇田川に架かる橋の上から眺める景色が楽しい。

川縁の敷地ぎりぎりまで建物が建っている。
すぐそこは川だから、出入口を作ることができない。
どの建物も素っ気なく"背中"を川に向けているのだ。

P3011087

坂と路地が入り組んだ渋谷は、裏通りの景色が面白いね。

P3011110

Please click the nether banner if you sympathized with this blog.

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村

Thank you very much.

2014年3月 6日 (木)

啓蟄

"啓蟄(けいちつ)"
冬ごもりしていた地中の虫がはい出てくる

"啓蟄"は、"冬ごもりをしていた虫が気候が暖かくなって外に出てくる"と云う意だ。
早く暖かくならないものか。

P4183870

すっかり昆虫にご無沙汰している。

二十四節気(にじゅうしせっき)は、1年の太陽の黄道上の動きを視黄経の15度ごとに24等分して決められている。
太陰太陽暦(旧暦)では季節を表すために用いられていた。

Please click the nether banner if you sympathized with this blog.

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村

Thank you very much.

2014年3月 5日 (水)

プラネタリウム

渋谷駅東口に位置する渋谷ヒカリエの場所には、かつて"東急文化会館"という建物があった。
最上部に巨大なドームがある特徴的な建物で、東口のシンボル的存在だったね。
最上階ドームの内部にあったのが"五島プラネタリウム"だ。

子どもの頃、父親に連れて行ったもらった覚えがあるけれど定かではない。

五島プラネタリウムで使用されていた"カールツァイスⅣ型"投影機が"渋谷区文化総合センター大和田"で展示保存されている。

P3011102_2

P3011093

宇宙ロケット、人工衛星みたいなイメージがするね。

渋谷区文化総合センター大和田の最上階に"コスモプラネタリウム渋谷"がある。
こちらで使用されているデジタル式投影機は"コニカミノルタ ジェミニスターⅢ"という機種で、ずいぶんとコンパクトになったものだ。

P3011104

Please click the nether banner if you sympathized with this blog.

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村

Thank you very much.

2014年3月 4日 (火)

一年後

一年ぶりに渋谷に出掛けた。

渋谷の街

東急百貨店東横店は取り壊し、建替え工事が始まり、東急東横線の高架ホームも姿を消した。

P3011080

P3011117

P3011081

宇田川沿いにあった高架線路も撤去されつつある。

P3011083

P3011089

渋谷の街は変化が速い。
落書きもあっという間に壁を埋めていく。

多くの人が集まり、去っていく場所とは、こうゆうものなのだろうか。

Please click the nether banner if you sympathized with this blog.

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村

Thank you very much.

2014年3月 3日 (月)

掃部山

桃の節句、ひな祭りの3月3日だけど、"桜田門外の変"が起きたのが安政七年三月三日(1860年3月24日)だった。

時の幕府大老井伊直弼は、"日米修好通商条約"に調印して開国を断行するとともに、尊王攘夷派などの反対勢力を粛清(安政の大獄)した。

当時の世界状況では日本は開国するしかなかったと思うが、いつの世にも過激な反対派がいるもので、水戸脱藩浪士によって井伊直弼が暗殺されたのが"桜田門外の変"だ。

横浜市の中心部の小高い丘に桜の名所としても知られる"掃部(かもん)山公園"がある。

P3021200

掃部山とは井伊直弼の官位"掃部頭(かもんのかみ)"に因んだ名称だ。
あまり馴染みがないけど、宮中行事の設営を行い、殿中の清掃を担う職が"掃部寮"でその長官が"掃部頭"だ。
最晩年の正式な位階、官位は、"正四位上(しょうしいのじょう) 左近衛権中将(さこのえごんのちゅうじょう) 掃部頭"だ。
読める人は少ないだろうね。

P3021202

旧彦根藩士がこの土地を買い取って井伊家の所有になり、井伊直弼の銅像を建立した。
その後、井伊家が横浜市に寄付し、公園として整備されたのだ。

P3021213

厳しい顔をした直弼像から少し離れて、西洋風の"水泉"が据えられている。

P3021215

P3021222

井伊直安は直弼の四男で、最期の越後与板藩主だ。
父の霊を慰めるために寄付したのだろうね。

P3021209

環太平洋パートナーシップ(TPP)協定の交渉が大詰めを迎えている。
"国益"とはなにか、155年前の井伊直弼も開国に踏み切る条約締結にあたって思い悩んだことだろう。

巨大な台石の上に立った直弼の像は、横浜港・みなとみらい地区とその先の太平洋の彼方を見つめている。

Please click the nether banner if you sympathized with this blog.

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村

Thank you very much.

2014年3月 2日 (日)

霜柱

横須賀の自宅付近では霜柱を見ることが殆どない。
暖地であることに加え、舗装道路に囲まれた住宅地なので土中の水分が少ないのかもしれない。

千葉県の船橋に住む職場の同僚が霜柱の写真を撮ってくれた。

Photo

気温が低下すると地表の水分が凍結する。
凍っていない地中の水分が毛管現象で地表に吸い上げられて凍結する。
これが繰り返されることによって、氷の柱が上方へ成長していくのだ。

Photo_2

気温が低く土中水分が多ければ、表土を数センチも持ち上げてしまう。

東京に住んでいた子どもの頃、寒い朝に道端の霜柱をサクサク踏みながら登校したのが懐かしい。

Please click the nether banner if you sympathized with this blog.

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村

Thank you very much.

2014年3月 1日 (土)

越後湯沢

長女はハワイ旅行を楽しんできたが、大学生の息子は友達と越後湯沢でスノーボードに興じている。

私も大学生の頃、部活の仲間とスキーに何回か行ったが、卒業した後は冬のスキー場と全く縁がない。
夏に虫撮りに行くけどね。

1393577602377

1393577581227

息子が送ってくれた写真を見て、学生時代が懐かしくなったね。

Please click the nether banner if you sympathized with this blog.

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村

Thank you very much.

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

ブログパーツ

  • 日本ブログ村
2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ