« 小灰蝶二種 | トップページ | 里山の美蝶 »

2013年7月27日 (土)

くぬぎ酒場

真夏の雑木林に入ると、クヌギ(椚:Quercus acutissima )の木に沢山の昆虫たちが集まっている。
"くぬぎ酒場"の常連達のお目当てはもちろん発酵したクヌギの樹液だ。

P7134225

辺りにはくぬぎ酒場特有の甘酸っぱい匂いが漂っている。
日本中どこにでもいる(売られている)カブトムシだけど、クヌギの樹液を舐めている姿を見ると、なんでこんなに胸がときめくのだろう。

里の人たちに利用されてきた雑木林が、ますます少なくなっている。
毎年のように訪れる山梨県のこの場所にはクヌギの巨木が二本あったのだが、一本は折れて無惨な姿をさらしていた。

P7134243

クヌギの生長は早いので、人が手入れをしていれば雑木林は再生する。
しかし、薪炭などの需要がない現在、手間をかけて雑木林を維持するのはかなりの思い入れがないと難しいのだろうね。

Please click the nether banner if you sympathized with this blog.

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村

Thank you very much.

« 小灰蝶二種 | トップページ | 里山の美蝶 »

鱗翅」カテゴリの記事

鞘翅」カテゴリの記事

膜翅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: くぬぎ酒場:

« 小灰蝶二種 | トップページ | 里山の美蝶 »

ブログパーツ

  • 日本ブログ村
2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ