« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月の記事

2013年6月30日 (日)

蝶四種

いつもの虫撮り山歩きのコースを歩いてたら、すぐ先の遊歩道に数頭の蝶が舞っている。

翅の表面がよく見えなかったが、テングチョウ(天狗蝶、学名:Libythea celtis )のオスだと思うな。

P5262899

P5262922

これはお馴染みのウラギンシジミ(裏銀小灰蝶:Curetis acuta paracuta )だね。
雨で湿った地面に降りて、吸水をしている。

P5262901

翅の裏面は輝くばかりの白(銀)色だ。

P5262912

同じく、コミスジ(小三條:Neptis sappho )も地面で吸水していた。

P5192683

P5192685

こちらは見晴らしの良い丘上で縄張りを張るツマグロヒョウモン(褄黒豹紋:Argyreus hyperbius )のオスだ。

P5192671_2

P5262930

P5262940

Please click the nether banner if you sympathized with this blog.

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村

Thank you very much.

2013年6月29日 (土)

燕の子育て

ツバメ(燕:Hirundo rustica )の子育てが大詰めを迎えている。

東北自動車道 佐野サービスエリアの軒先にも、多くのツバメが営巣していた。
ここでは、落下する糞が出入りする人に当たらないように発泡スチロールの受け皿を付けている。

成長した四羽のヒナが巣の中で窮屈そうに身を寄せているが、間もなく巣立ちの時を迎えるのだろうね。

P6221502

巣の近くには親鳥がとまってヒナたちを見守っている。
巣立った後も暫くの間はヒナへの給餌が続くけど、子育てはもう少しで終わりだね。

P6221497

ツバメは日本人の懐に飛び込んできた鳥だ。
ほとんどの巣は住居や店舗の軒下など、常に人が出入りする場所に造られる。
どうやら、カラスや蛇など雛を狙う天敵が近寄りにくい場所を選んでいるらしい。

日本人も古くからツバメを大切にしてきた。
子育てのために昆虫をたくさん捕らえるから農家では"益鳥"とされたし、多くの人が出入りする家屋に巣を造るから、商家では"商売繁盛"の象徴になった。

ツバメの巣は、枯れ草と湿った土を唾液で固めて造られる。
道路が舗装され、ぬかるみが減るとツバメは巣材の確保に難儀するのではないだろうか。
また、ツバメは前年に造った巣をリフォームする習性があるから、人が巣を撤去するとツバメの負担が増す。

ツバメにとっても、日本は昔ほど住みやすい国ではなくなったのかもしれないね。

Please click the nether banner if you sympathized with this blog.

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村

Thank you very much.

2013年6月28日 (金)

池の亀

最近はあまり見かけなくなったが、私が子どもの頃の夏祭りや縁日には"ミドリガメ"の屋台(?)が定番で、小さくて鮮やかな緑色をしたカメは子ども達の人気を集めたものだ。

ミドリガメは、ミシシッピアカミミガメ(赤耳亀:Trachemys scripta elegans )の幼体だ。
名前のとおり北米原産のカメで、1950年代からペットとして大量に輸入されている。

幼い時は小さくて可愛いのだが、このカメは予想以上に大きく成長(30cm弱)するから小さな水槽では持て余す。

結果、公園の池は人に捨てられたミシシッピアカミミガメの大群に占拠されることになる。

P5262804

ミシシッピアカミミガメは雑食性でなんでも食べる。
他のカメの卵を食べる習性もあって,日本在来のイシガメやクサガメの生息を圧迫しているようだ。

小学校の池もこのとおり、甲羅の長さが20cmを超える大物が悠然と暮らしている。

Dsc_0399

こんな困った状況になったのもカメに罪はなく全て人が悪いのだが、ミシシッピアカミミガメは"侵略的外来種ワースト100(日本生態学会)"にランクインしている。

こうなってしまったら環境中から排除することは不可能だろう。
同じことを繰り返さないように、そろそろ学習しなくてはね。

Please click the nether banner if you sympathized with this blog.

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村

Thank you very much.

2013年6月27日 (木)

シーラカンス

東京工業大学すずかけ台キャンパスにある博物館分館には、アフリカのタンザニア沖で捕獲されたシーラカンスの剥製が展示されている。

P5182387

シーラカンスは古生代デボン紀(約4億1000万~3億6000万年前)に出現し、世界中の海で大繁栄した魚類で、多くの化石が発掘されている。
約6500万年前に絶滅したと考えられていたが、1938年に南アフリカの東海岸沖で現生していることが発見された"生きている化石"だ。

化石種と現生種に形態的な差異がほとんど見られない。
つまり、3億年もの間、少なくとも"見た目"ではほとんど進化していないのだ。
シーラカンスの太い鰭は原始的な両生類に近い関節構造をしている。
海から陸へ進出した太古の魚類に似ているんだね。

P5182380

東京工業大学などの研究チームがシーラカンスのゲノムを解読したところ、魚類と陸上四足動物の遺伝子が混在していることが判明した。

シーラカンスは陸上四足動物の直接祖先(つまり私たちの御先祖)ではないが、よく似ていたのかもしれないな。

P5182386

シーラカンス幼魚の剥製を見たのはこれが初めてだけど、幼い頃から厳ついね

(撮影日は2013年5月18日)

Please click the nether banner if you sympathized with this blog.

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村

Thank you very much.

2013年6月26日 (水)

シオカラトンボ

シオカラトンボのオスが池の畔に陣取って縄張りを見張っている。

P5262829

大きな眼で周囲の様子を監視している。
他のトンボが近付けば緊急発進して、追い払ったり、もちろん成熟した同種のメスであれば交尾を挑む。

P5262839r

美しいブルーだね。

(撮影日は2013年5月26日)

Please click the nether banner if you sympathized with this blog.

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村

Thank you very much.

2013年6月25日 (火)

シリアゲムシ

山歩きをしていると、葉の上にヤマトシリアゲ(Panorpa japonica )の姿を見かける時期になった。

Scorpionfly

P5192564

シリアゲムシの仲間は"婚姻贈呈行"をすることで知られている。
オスが餌のそばでフェロモンを出してメスを待ち、近付いてきたメスに餌を渡して交尾に挑むのだ。

P5192557

自分の目では見たことがないので、暫くの間、葉の上のオスを眺めていたが、この日も観察することができなかったね。

(撮影日は2013年5月19日)

Please click the nether banner if you sympathized with this blog.

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村

Thank you very much.

2013年6月24日 (月)

サトジガバチのお母さん

巣の入口を開いたら、サトジガバチ(里似我蜂:Ammophila sabulosa nipponica )は傍らに置いていた獲物を大顎でくわえて巣に運び入れた。

P4291741r

巣穴の中に運び入れると、暫くの間、ジィジィ(似我)という羽音だけが聞こえてくる。
見ることはできないが、獲物に卵を産み付けているのだろうか。

そう、我が子の食糧となる獲物を狩るのは全てメスバチ、つまりお母さんだ。

P4291748r

巣から出てきたお母さんバチは、再び穴を塞ぎ始める。
大あごで小石を中に入れたり、後ろ向きになって脚で砂をかけたり、微に入り細に入った作業だ。

P4291750r

さらに驚くのが、巣穴が合った周囲を丁寧に整地して、枯れ草などを置いたりする。
カムフラージュだね。

P4291754r

あのファーブルもジガバチの巣造りを観察して、驚嘆している。
合理的な作業手順、丁寧な仕事、巧妙なカムフラージュ、実際に目の当たりにすると感動するね。

本能といってしまえばそれまでだけど、生物の命を繋ぐ行動や習性は本当に奥が深いな。

(撮影日は2013年4月29日)

Please click the nether banner if you sympathized with this blog.

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村

Thank you very much.

2013年6月23日 (日)

似我

秦野市にある弘法山へ虫撮り山歩きに出掛けた昼時、道端にある切り株に腰かけて弁当を食べていたら、何かをくわえたハチがすぐ近くの地面に降り立った。

慌ててカメラを出して、レンズを向けた。
サトジガバチ(里似我蜂:Ammophila sabulosa nipponica )のようだね。
大顎でくわえている獲物は甲中類の幼虫に見えるなぁ。

P4291728r

サトジガバチは5月から8月にかけて成虫が姿を現す"狩り蜂"だ。
襲った獲物に針で麻酔液を打ち込み、ぐったりとしたところを大あごでくわえて、予め造ってある巣穴へ運搬し、産卵する。
獲物は孵化した幼虫の食糧になるのだ。

獲物を近くに置いて、一見すると何もない地面を前脚で掘り始めた。

P4291732r

大顎で小石を取り除くと巣穴の出入口が現れた。

P4291736r

頭から中に入って巣穴の小石を運び出している。

P4291738r

獲物を捕える前に予め巣穴を掘って、一旦閉じる。
獲物を持ち帰ったら巣穴を開く。

複雑な手順を一頭で完璧にこなすのには、本当に驚かされるね。

小石を運び出している間、巣穴から"ジッジッ"という不思議な音が聞こえる。
これは成虫が発てる羽音なのだが、昔の日本人はこの音を"似我(じが)"と聞いた。
ハチが"我に似よ"と唱えると、後日、獲物のイモムシが新たなハチになって穴から出てくるように見えたのだろう。

先人の観察力にも感心するけど、この感性は日本人らしいな。

(撮影日は2013年4月29日)

Please click the nether banner if you sympathized with this blog.

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村

Thank you very much.

2013年6月22日 (土)

マルハナバチ

マルハナバチ類はミツバチよりふた回りほど大きなハチだ。

庭に花が咲いていれば花蜜や花粉を求めてやってくるが、体と羽音が大きいからハチが苦手な人は刺されると思って恐怖を感じるようだね。

P5262866

実際のマルハナバチは、近付いてレンズを向けてもこちらを襲うことなど決してない。
動きが速いので綺麗な写真を撮るのが難しいけど、丸々として長い体毛に被われた姿は(私には)ぬいぐるみの様に可愛らしく、姿を見かけるとカメラを構えて追いかける。

P5262869r

マルハナバチ類は、土地利用の変化、資源となる植物の減少、農薬や感染症の影響で、世界的に減少しているそうだ。
被子植物の花粉媒介の重要な担い手であるマルハナバチが減少すると、野生の植物はもちろん、農業にも大きな打撃となることは間違いない。

P5262876

庭の花を訪れるマルハナバチに殺虫剤を噴霧して駆除するなど、私には愚の骨頂にしか思えないな。

P5262880

東北大学と山形大学の生物多様性の研究者が中心となって、国内のマルハナバチの現状を把握するために、"花まるマルハナバチ国勢調査"が実施されている。

Maruhana_2

花まるマルハナバチ国勢調査

もちろん、私も調査員の登録をした。

(撮影日は2013年5月26日)

Please click the nether banner if you sympathized with this blog.

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村

Thank you very much.

2013年6月21日 (金)

夏至

"夏至(げし)"
昼の長さが最も長くなる

P6163244

P6152974

P6163250

二十四節気(にじゅうしせっき)は、1年の太陽の黄道上の動きを視黄経の15度ごとに24等分して決められている。
太陰太陽暦(旧暦)では季節を表すために用いられていた。

Please click the nether banner if you sympathized with this blog.

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村

Thank you very much.

2013年6月20日 (木)

  

P5262810

Please click the nether banner if you sympathized with this blog.

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村

Thank you very much.

2013年6月19日 (水)

  

P5192696

Please click the nether banner if you sympathized with this blog.

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村

Thank you very much.

2013年6月18日 (火)

  

P5192618

Please click the nether banner if you sympathized with this blog.

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村

Thank you very much.

2013年6月17日 (月)

Houttuynia

P6152966

P6152968

Please click the nether banner if you sympathized with this blog.

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村

Thank you very much.

2013年6月16日 (日)

Hydrangea

P6152972

P6163254

P6152959

P6152964

Please click the nether banner if you sympathized with this blog.

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村

Thank you very much.

2013年6月15日 (土)

儚い美

ホタルブクロ(蛍袋:Campanula punctata )は私が好きな花のひとつだ。

ホタルノ"フクロ"

今年もホタルブクロの花の時季がやってきた。

P5262802

道端にひっそりと美しく咲いている様が良い。

派手ではないから気にも留めない人が多いだろう。
花期が過ぎれば尚更だ。
でも、その美しさを知る人は存在を忘れない。

人の生も似たようなものではないか。

Please click the nether banner if you sympathized with this blog.

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村

Thank you very much.

2013年6月14日 (金)

船頭多くして?

虫撮り山歩きをしていたら、足元でなにかが動いている。
クロヤマアリ(黒山蟻:Formica japonica )がバッタ類の脚を巣に運ぼうとしているようだ。

P5192627

餌を発見した働きアリは巣までの道程に"道標フェロモン"を残す。
仲間のアリはこれを頼りに餌の在りかに辿りつくことができるのだ。

P5192636

目的地にたどり着いたアリ達は、早速、餌運びに取り掛かる。

P5192635

各々が大きくて重い獲物に大顎で咬みつき、巣に向かって引きずろうとするが、これがなかなかうまくいかない。
何頭ものアリが引きずる方向が微妙にずれているから、真っすぐ進めないのだろうか。

P5192652

働きアリに指示を出すリーダーはいない。
各々が"本能"のままに自立的に働き、人のように"協調"するためのコミュニケーション能力は発達していないのだ。

指示をする者が多ければ"船頭多くして船山に上る"だけど、指示なしで共同生活を見事に営むアリの社会は人から見れば不思議な集団だね。

Please click the nether banner if you sympathized with this blog.

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村

Thank you very much.

2013年6月13日 (木)

岸辺の鳥

近所の公園の池には、マガモ(真鴨:Anas platyrhynchos )が暮らしている。
本来、マガモは渡り鳥だから公園に暮らしているのは変なのだけど・・・。

P5262822

野生のマガモを人が飼い慣らした家禽がアヒルであり、マガモとアヒルを交配させたものがアイガモだ。
ややこしいけど、生物学的な種としては同一だし、外見で見分けるのは私には難しいね。

P5262824

ともかく、岸辺の日陰でノンビリしているマガモは可愛い。

Please click the nether banner if you sympathized with this blog.

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村

Thank you very much.

2013年6月12日 (水)

池の花

近所の公園の池にスイレン(睡蓮)の花が咲いている。

P5262820

大きな魚が泳いでいるが、なんという名前だろう。
コイではないようだけど。

P5262815

スイレンは岸近くに咲いているが、池の中心を覆っているのが、アサザ(浅沙:Nymphoides peltata )だ。
アサザは水底の泥の中に地下茎を伸ばし、長い茎を水面に伸ばす。
水質汚濁などが原因で各地で減少しているそうだ。

P5262849

Please click the nether banner if you sympathized with this blog.

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村

Thank you very much.

2013年6月11日 (火)

雪の下

いつもの山歩きのコースにユキノシタ(雪の下:Saxifraga stolonifera )の群生地がある。

5~7月がユキノシタの開花期だ。
地面近くの丸い葉からすくっと茎を伸ばして、多数の花を咲かせているね。

P5262945

5枚の花弁の上方3枚が短く下方の2枚が細長い。
小さな花だけど独特の雰囲気を持っている。

P5262949

ユキノシタは別名"虎耳草(こじそう)"といって、葉を炙って民間薬として解熱、消炎に用いたそうだ。

P5262927

三人の悪ガキ

Please click the nether banner if you sympathized with this blog.

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村

Thank you very much.

2013年6月10日 (月)

へびいちご

虫撮り山歩きをしていると、路傍のあちらこちらにヘビイチゴ(蛇苺:Potentilla hebiichigo )の実が生っている。

なぜ"ヘビ"なのか不思議だけど、赤くて丸い果実はなかなか綺麗だ。

P5192576

果実には小さなブツブツがたくさん付いている。

P5192580

食べられるそうだが、未だ食したことはない。
なぜだか、犬のトイレになりそうな所ばかりにあるからね。

Please click the nether banner if you sympathized with this blog.

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村

Thank you very much.

2013年6月 9日 (日)

KITTE

東京駅丸の内南口前に位置するJPタワーの低層部は、"KITTE(キッテ)"と名付けられた商業施設だ。
日本郵便が手がけるKITTEは、今年の3月のオープン以来、連日多くの人が詰めかけている。
ユニークな名称は、"切手"と"来て"の意味が込められているそうだ。

P5182472

旧東京中央郵便局の外壁を一部保存、再生した外観はレトロな雰囲気だけど、内部の吹き抜けは開放的で明るい。

P5182429

地下1階から地上6階まで、飲食店、物販店舗が100点ほど出店している。
郵便局がプロデュースしているだけあって、広く日本各地の御当地名品を揃えているそうだ。

Fb_img_13688658586392056

Please click the nether banner if you sympathized with this blog.

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村

Thank you very much.

2013年6月 8日 (土)

東京駅のビュースポット

東京駅丸の内駅舎の南西側に隣接した"JPタワー"は、旧東京中央郵便局の敷地に建設された超高層ビルだ。

今年3月、低層棟の商業施設"KITTE(キッテ)"がオープンして、一躍丸の内の人気スポットになったね。
オープン当初は入場規制がされるほどの人混みだったが、今でも休日は多くの人で賑わっている。

P5182470

低層棟"KITTE(キッテ)"の屋上庭園"KITTEガーデン"では、大勢の人が手すりにもたれて丸の内駅舎を眺めている。
そう、この屋上ガーデンは東京駅丸の内駅舎を望む絶好のビュースポットなのだ。

P5182519

田原幸夫さん(JR東日本建築設計事務所丸の内プロジェクト室長)が講演で話していたが、南ドームの屋根をこれほど間近に見れれる場所はほかにないそうだ。

Oi000025

戦災で焼失してしまった丸の内駅舎の3階部分と屋根は、今回の復原プロジェクトの目玉だ。
設計図や当時の写真を基に、建設当時のオリジナルの姿を復原している。

P5182461

ドームの他にも、様々な尖塔屋根のデザインが圧巻だね。

P5182459

丸の内駅舎の屋根に使われた天然スレートは、全体で45万7000枚にのぼるそうだ。
宮城県登米市で産出、保管されていたたスレートは、東日本大震災の大津波で大半が流されてしまった。
しかし、従業員の方々が手作業で4万枚以上を回収し、一枚づつ丁寧に汚れを洗い流したそうだ。
平成の復原プロジェクトの伝説として、後世に語り継がれる物語のひとつになるだろうね。

Please click the nether banner if you sympathized with this blog.

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村

Thank you very much.

2013年6月 7日 (金)

改めて眺めると

P5182498

昨年10月の"丸の内駅舎"グランドオープン以来、東京駅は何回か訪れているけど、田原幸夫さん(JR東日本建築設計事務所丸の内プロジェクト室長)の講演を聞いたら改めて駅舎を見たくなった。

前から気になっていたのだが、南ドームの白亜に塗装されたアーチ形装飾に塗装が剝がれているような所がある。

P5182421

灰色になっている部分は、"オリジナルを最大限尊重し、保存に努める"方針に沿って、開業当時の部材を残しているそうだ。

P5182419

よく見ると3階部分の外壁化粧レンガの色調が1,2階部分と異なっている。
太平洋戦争末期の空襲で焼失し、復原された3階部分には新しい化粧レンガが貼られているが、1,2階部分にはオリジナルのタイルが残っているのだ。

P5182501

窓枠廻りに使用されている石材は"擬石"といって、花崗岩を模して花崗岩の粉に石灰とセメントを調合したものを塗っている。
部分的に変色しているだ、ここは敢えて補修をしていない。

P5182411

多数の人が利用する首都の巨大鉄道ステーションである東京駅は、利便性が高く安全でなければならない。
丸の内駅舎は巨大な免震装置の上に乗っている。
地震が起こると地盤と数十センチのずれが生じるから、雨水排水管もこんな具合に配管されている。

P5182520

田原幸夫さんの講演を聞いてから丸の内駅舎を眺めると、設計、建築、施工にかかわった多数の人々の工夫と思いが伝わってくるようだ。

Oi000028

Oi000024

Please click the nether banner if you sympathized with this blog.

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村

Thank you very much.

2013年6月 6日 (木)

保存と復原と活用と

5月18日、横浜市緑区にある東京工業大学すずかけ台キャンパスの学園祭(すずかけ祭)に行ってきた。

都県境に残された緑地を抱えるゆったりとしたキャンパスだね。

P5182369

各研究室の研究成果パネル展示、子どもを対象にしたイベント、オープンキャンパスなどが開催されていたが、私の目当ては特別企画講演会"東京駅丸の内駅舎の保存・復原・活用"の聴講だ。

講演者はJR東日本建築設計事務所丸の内プロジェクト室長の田原幸夫さん、テレビや新聞などの取材を多く受けているから、知っている人も多いだろう。

Oi000041

太平洋戦争で焼失し終戦後に改修された丸の内駅舎を、1914年(大正3年)の竣工当時の姿に復原するにあたって、プロジェクトチームは次の基本方針を策定した。

[方針1]
・残存するオリジナルを最大限尊重し、保存に努める。
・オリジナルの仕様が判明しているものは、可能な限りオリジナルに復元する。
・オリジナルの仕様が明確でないものは、デザインに関する全体の印象を損なわないように配慮し、手の加え方を設定する。
・オリジナルでない後世の補修や変更で意匠的、技術的に優れたものは保存、活用する。
[方針2]
・安全性、機能性、メンテナンス性等を考慮し、将来を見据えたスペックを設定する。

※一部省略

田原さんの講演は判り易くて、とても興味深かった。
国の重要文化財に指定されている東京駅は、毎日何十万人もの人が利用する首都の巨大鉄道駅の顔も持つ。
歴史的建造物を"博物館"とするのではなく、一般の建築物のように使いながら、将来にわたって保存し活用することは、今後も都市再開発の重要なテーマになるのだろうね。

昨年10月のグランドオープン以来、東京駅には大勢の人が訪れている。
丸の内周辺の商業施設は集客力が4割も増加したといわれているらしい。

R1163129

この活況を見ると、丸の内駅舎復原プロジェクトは大成功といえるのだろうな。

Tokyo Station

Please click the nether banner if you sympathized with this blog.

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村

Thank you very much.

2013年6月 5日 (水)

芒種

"芒種(ぼうしゅ)"
稲や麦などの(芒のある)穀物を植える

今年は例年よりだいぶ早く梅雨入りした。

P5192733

アジサイ(紫陽花:Hydrangea macrophilla )の花が色づく季節になったね。

P5262793

今週は梅雨の中休みだという。
休みも何も、今日も夏日で全然梅雨らしくないと思うけど梅雨明けは早いと良いな。

二十四節気(にじゅうしせっき)は、1年の太陽の黄道上の動きを視黄経の15度ごとに24等分して決められている。
太陰太陽暦(旧暦)では季節を表すために用いられていた。

Please click the nether banner if you sympathized with this blog.

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村

Thank you very much.

2013年6月 4日 (火)

風に乗って遠くへ

カエデ(楓:Acer )の種子が、ちょこんと顔を出している。

P5182400

二つの種子がくっ付いて不思議な形をしているが、これは翼果と呼ばれるものだ。
果皮の一部が翼状に発達しているので、熟した種子が落下する時はクルクルと螺旋を描くように回転する。
これで風にうまく乗れば、親樹から離れた所へ飛ぶことができるのだ。
親樹の根元に落ちた種子は太陽光が当たらず、生長することができないからね。

P5182396

まるで竹トンボかヘリコプターの様だけど、真似をしたのはもちろん人の方だ。

Please click the nether banner if you sympathized with this blog.

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村

Thank you very much.

2013年6月 3日 (月)

小さな闖入者

夕食を済ませノートパソコンを開いて、さほど面白くないテレビドラマを"ながら見"していた。
ふと、キーボードに目を落とすと、小さなカマキリの幼虫が歩いている。
窓の隙間から入り込んだのか、洗濯物と一緒に取り込まれたのか…。

Dsc_0367

そばにあったカメラを向けたが、室内が暗いので動き回るカマキリにピントが合わない。
子カマキリを指で軽く突くと、動きを止めて威嚇してくる。
その間にシャッターを切る。
こんな具合に何枚か写真を撮った。

P5251469

カマキリにとっては大迷惑だけど、暫くの間、暇な私に付き合ってもらった。
あまり引き留めても可哀想なので、窓を開けて外に逃した。
生き残るのが厳しい世界だけど、大きくなれるといいね。

Please click the nether banner if you sympathized with this blog.

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村

Thank you very much.

2013年6月 2日 (日)

薔薇の訪問者

自宅から歩いて20分位のところに、"横須賀リサーチパーク(YRP)"がある。
YRPは電波情報通信技術に特化した研究開発拠点で、NTTドコモ、パナソニック、富士通などの研究施設が進出している。
一世を風靡した"ガラケー"の通信技術、例えば"iモード"はこの場所で開発されたといわれているね。

YRPの植え込みにはたくさんのバラが植えられ、美しく花を咲かせている。

P5192726

P5192719

P5192703

古来から人に愛されてきたバラは18世紀以降に交配技術が確立し、様々な品種が生み出されるようになった。
元々は5枚だった花弁は八重になり、豪華絢爛な雰囲気は花の女王と呼ばれるのに相応しい。

P5192716

あれ?花弁の中に潜り込んでいる昆虫がいる。

P5192705

花弁が発達したバラの花に潜り込むのは大変だ。
かなりの力持ちでないと、花弁をかき分けることはできないだろう。

やはり、アオハナムグリ(青花潜:Cetonia roelofsi )だね。

P5192709

ハチやチョウの姿は見えなかったから、ここはアオハナムグリの独擅場なのだろう。
人が交配してくれる園芸種のバラにとっては、昆虫に花粉を媒介してもらう必要はない。
でも花としては、全く来訪者がいないのも寂しいかもね。

Please click the nether banner if you sympathized with this blog.

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村

Thank you very much.

2013年6月 1日 (土)

ハエトリグモ

秦野市の弘法山へ虫撮り山歩きに行き、路傍で弁当を食べていたら、近くの枝にハエトリグモが歩いていた。
小さくて可愛らしいこのクモは私のお気に入りだ。

Jumping Spider

P4291727

大きな目でこちらの様子を窺っているのがわかる。

P4291723

Please click the nether banner if you sympathized with this blog.

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村

Thank you very much.

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

ブログパーツ

  • 日本ブログ村
2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ