« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月の記事

2012年11月30日 (金)

紅葉の前に・・・

この季節だから数は少ないけど、鎌倉には花も咲いていた。

晩秋から冬にかけて花を咲かせるサザンカ(山茶花:Camellia sasanqua )は、やはり華やかだ。

Pb253670

Pb253424

ツバキやサザンカなどのツバキ科の花には、たくさんの雄しべをつける種が多い。

Pb253428

サザンカにはこんなにたくさんの雄しべがあるのに、結実は少ないそうだ。

Pb253433

中世の鎌倉に特徴的な遺物に"やぐら"がある。
"やぐら"とは崖などに作られた横穴式墳墓、供養所のことだ。
柵があってこれ以上近寄れないのでよく分からないけど、正面の崖にも"やぐら"があるようだ。

Pb253422

右手の緩斜面にピンク色の絨毯のように花が咲いている。

Pb253419

ヒメツルソバ(姫蔓蕎麦:Persicaria capitata )だろうか・・・。

姫蔓蕎麦

Please click the nether banner if you sympathized with this blog.

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村

Thank you very much.

2012年11月29日 (木)

大混雑の鎌倉

紅葉見物に訪れた鎌倉は、私と同じ思いの人で溢れていた。

平日のJR横須賀線の北鎌倉駅はローカル線の雰囲気が漂っているが、休日は趣きが一変する。

Pb253589

多くの人が下車するので、狭いプラットホームに加え跨線橋がないので、多くの人が下車するとなかなか改札口にたどり着けない。

Pb253599

 

Please click the nether banner if you sympathized with this blog.

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村

Thank you very much.

2012年11月28日 (水)

最後の一葉

"最後の一葉(The Last Leaf)"といえば、オー・ヘンリー(O. Henry)の有名な短編小節だ。

鎌倉の円覚寺をそぞろ歩きし、ふと頭上を見上げたら枝に葉が一枚だけ残っていた。

Pb253549

間もなく、この葉も地に落ちていくのだろう。
小説のように絵ではないからね。

Please click the nether banner if you sympathized with this blog.

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村

Thank you very much.

2012年11月27日 (火)

円覚寺の猫

鎌倉に紅葉を見に行った。
北鎌倉駅を下車してすぐの円覚寺の境内で写真を撮っていたら、方丈入口の植え込みに猫がいるのに気づいた。

Pb253518

気温は低いけどほとんど風もない穏やかな日だったので、日当たりが良い草の上は暖かいのだろうね。
いかにも気持ちよさそうに熟睡している。

Pb253516

とても可愛らしかったので多くの人が近づいて写真を撮っていたが、安心しきって目覚める気配がない。
あまりにも心地良さそうなので、私も傍に寝転びたくなった。

この猫は円覚寺で大切にされているのだろう、毛並みも良くてふっくらしている。
幸せな"猫"生を送っているようだね。

Please click the nether banner if you sympathized with this blog.

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村

Thank you very much.

2012年11月26日 (月)

ティラノサウルス

マニアというほどではないが恐竜好きなので、近隣の博物館などで開かれる"恐竜展"にはだいたい足を運んでいる。

千葉県立中央博物館で開催されている特別展"ティラノサウルス-肉食恐竜の世界- "を観に行った。

Pb233156

ティラノサウルス(Tyrannosaurus rex )は、約6,850~6,550万年前に生息していた巨大肉食恐竜だ。
現在までに北米で約30体の化石が発掘されている。
数々の映画にも登場しているので、最も有名で人気がある恐竜だろうね。

Pb233162_2

ティラノサウルスの体長は最大で13m、体重は5,6tにもなる。
ここで展示されているのは、"STAN(スタン)"と呼ばれる化石標本のレプリカだ。
1992年に発掘された"STAN"は、全身の約80%が見つかっており、ティラノサウルスの生態を解明する重要な手掛かりになっている。

Pb233173

前脚の肩甲骨を繋ぐブーメラン形の骨は"叉骨"といい、私たちヒトの"鎖骨"にあたる骨だ。

Pb233186

恐竜の末裔である現生鳥類の叉骨は元々の左右の鎖骨が癒合したもので、力強く羽ばたくために不可欠な骨だ。
これまで叉骨は鳥類にしか存在しないとがないとされていたが、ティラノサウルスが現生鳥類に近縁であることを示す証拠になるそうだ。
庭に降りてくる可愛らしいスズメ達も、恐竜の子孫、いや恐竜そのものなんだね。

ティラノサウルスの前脚は笑ってしまうほど小さく、巨大な頭部や後脚とアンバランスに見える。
従来、ティラノサウルスの前脚の指は二本とされてきたが、三本目の指の痕跡は大発見とされている。

Pb233189

ティラノサウルスの上下の顎には、分厚く鋭い巨大な歯がたくさん並んでいる。
大きさと形はまるでバナナのようだね。

Pb233179

驚異的な咬合力で、獲物の草食恐竜を骨ごと砕きながら食べることができたと考えられている。
人などはひと咬み、ひと飲みだろうね。

Pb233196

Please click the nether banner if you sympathized with this blog.

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村

Thank you very much.

2012年11月25日 (日)

猿島

前日までの雨が上がった土曜日、昼過ぎには予想以上の晴天になった。
海沿いのパソコンショップに無線ルータの修理に行ったら、綺麗な東京湾が広がっていた。
横浜のランドマークタワーも見える。

R0012709

横須賀沖に浮かぶ猿島は東京湾で最大の自然島だ。
こんもりとした緑に覆われている。
この島は、幕末から第二次世界大戦前にかけて首都防衛拠点となった。

R0012706

第二次世界大戦後は昭和36年(1961年)までアメリカ軍に接収されていたが、海水浴場が開かれて市民の憩いの場になっていた。
その後、海水浴場が閉鎖された時期もあったが、現在は散策路が整備され、ちょっとした冒険気分が味わえる島になっている。

R0012708

桟橋が整備されて定期船が運航しているので、夏場には海水浴、バーベキューで賑わうスポットだ。

P7170059

島内の様子はまた別の機会に・・・。

Please click the nether banner if you sympathized with this blog.

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村

Thank you very much.

2012年11月23日 (金)

一夜城

今年の夏の写真から・・・。

小田原市の"石垣山一夜城"に行った。
この陣跡がある山は、元々"笠懸山"という名前だった。
天正18年(1590年)、大軍を率いた豊臣秀吉が小田原の北条氏を包囲して、その本陣として総石垣の城を築いたことから"石垣山"と呼ばれるようになったそうだ。

R0012088

この城の建設に、実際は約80日間を要したそうで一夜で築かれたわけではない。
でも、小田原城に立てこもる北条勢の士気を失わせる陣容だったのだろうね。

今の小田原城の周囲には高層建築物が並んでいる。
石垣山からは目を凝らさないと見つけられない。

P9091960

P9091976r

この城は、関東で最初に造られた総石垣の城だ。
長期戦に備えた本格的な総構えであったといわれ、大地震に何回も襲われたけど何とか持ちこたえ、当時の面影が遺されている。

R0012114

石垣山一夜城から入生田の方へ少し山を降りると、石切丁場の跡がある。
江戸時代初期、江戸城や小田原城の石垣材として、この場所から安山岩を切り出したそうだ。
遺跡には、切り出して山麓へ降ろす途中で放棄した切石、切り出された残りの石などがある。

R0012056

切出し痕(矢穴)のある石も遺されている。
こんな風に石を切るんだね。

R0012071

R0012082

Please click the nether banner if you sympathized with this blog.

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村

Thank you very much.

2012年11月22日 (木)

小雪

"小雪(しょうせつ)"
寒くなって雨が雪になる

流石に雪は降らないけど、だんだんと冬らしい寒さになった。
朝夕はコートがないと少し辛い。
通勤電車の中が暑いのでコートはあまり好まないけど、そうも言っていられない。

Dsc_0001

Dsc_0002

クリスマスには少し早いけど、街が恒例のイルミネーションで飾られている。
今ではすっかりLED照明が主流になったが、どうもこの光は好きになれない。
見ていると肌寒くなるのは私だけだろうか。

節電、省エネの推進で見かけなくなったけど、冷たい夜でも温かみを感じた豆電球が懐かしいね。

二十四節気(にじゅうしせっき)は、1年の太陽の黄道上の動きを視黄経の15度ごとに24等分して決められている。
太陰太陽暦(旧暦)では季節を表すために用いられていた。

Please click the nether banner if you sympathized with this blog.

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村

Thank you very much.

2012年11月21日 (水)

海の要塞

三浦半島東端に位置する観音崎の一帯は"神奈川県立観音崎公園"として整備されている。
眼下には東京湾の浦賀水道が広がり行き交う船舶を眺めることができるし、晴れていれば対岸の房総半島が驚くほど近くに感じる。

観音崎灯台から東京湾を眺めていると、遠方に平たく小さな島が見える。

R0011418r

これは、明治、大正時代に首都防衛のため、人工的に小島を造成して砲台を配置した海堡(かいほう)だ。

この"第一海堡"は1890年(明治23年)に完成した。
他の海堡は関東大震災による被災で廃止されたが、第一海堡は東京湾要塞の一部として第二次世界大戦の終了まで運用された。

R0011420r

1914年(大正3年)に完成した"第二海堡"は関東大震災により被災して廃止されたが、第二次世界大戦中は対空砲が設置された。
戦後に灯台が設置され、また消防訓練場としても利用されている。

P7290462

観音崎公園内には、旧海軍の遺構が多く残されている。
この高台にも砲台が設置されていたのだ。

R0011342

R0011394

R0011352

R0011339

樹木に覆われた遺構は独特な雰囲気をもっている。

再び東京湾に目をやると、対岸の富津岬に奇妙な建造物がある。

P7290485r

これは遺構ではなく"富津岬展望台"だ。
訪れたことはないけれど、東京湾を一望する場所で、天気が良ければ富士山も見えるそうだ。

Please click the nether banner if you sympathized with this blog.

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村

Thank you very much.

2012年11月20日 (火)

観音崎灯台

三浦半島の東端に位置する観音崎に白亜の観音埼灯台が立っている。
観音崎灯台は、1969年(明治2年)に点灯した日本初の洋式灯台だ。

R0011395

現在の灯台は関東大震災の後、1925年(大正14年)に再建された三代目だが、初代の八角形を踏襲している。

R0011400

東京湾の入口にあたる浦賀水道は、昼夜に関わらず狭い海域を多数の船舶が往来している。

天気が良ければ対岸の房総半島はもちろん、遠く25Km離れた横浜まで望むことができる適所だね。

P7290489

P7290476

観音崎灯台は、日本各地の灯台を転々としながら厳しい駐在生活を送る燈台守夫婦を描いた映画"喜びも悲しみも幾歳月"の冒頭に登場したことでも知られている。
1989年(平成元年)に遠隔監視に切り替えられ、無人化されてから"燈台守"は駐在していない。

P7290454

近くには、東京湾の航行情報提供および航行管制を行う"東京湾海上交通センター"あるが、夜間の海上で船乗り達の目印になる灯台の存在価値は往時と変わらないのだろうね。

Please click the nether banner if you sympathized with this blog.

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村

Thank you very much.

2012年11月19日 (月)

京浜急行

小学校5年生まで東京都大田区、以後は横須賀に住む私にとって、品川から川崎、横浜を経由して三浦半島を縦断する京浜急行は、幼い頃から愛着がある路線だ。

R0012180

京浜急行の車体は真っ赤な基調色に窓下の白帯が開業以来の伝統だ。
赤は会社のイメージカラーにもなっているね。

5年ほど前から導入されたステンレス車両は少し京急らしくないかな。

R0012165

多数の路線が乗り入れる横浜駅周辺は、運河を渡る橋やJRの高架線などが複雑に入り組んでいる。
通勤ラッシュの朝は、先行列車に近づくと一旦停車することが多い。
横浜駅近くのカーブでは車体が傾いた状態で停車するので、立っていると疲れる。

R0012173

時々、青い車体の電車を見かけるが、これは"京急ブルースカイトレイン"といって2編成しか運行していない。

R0012167

この青い車体は"羽田空港の空"と"三浦半島の海"をイメージしてるそうだ。

Please click the nether banner if you sympathized with this blog.

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村

Thank you very much.

2012年11月18日 (日)

花いろいろ

近所の緑地をブラブラ散歩して撮った花のいろいろだ。

Pb103104

Pb102985

Pb102992

Pb102999

Pb103033

Pb103114

Pb103086

Pb103092

ここ"久里浜花のくに"のハーブ園には小さな温室がある。

Pb103054

Pb103059

Pb103060

Pb103069

Pb103073

Pb103080_2

Pb103082

Please click the nether banner if you sympathized with this blog.

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村

Thank you very much.

2012年11月17日 (土)

艶蕗

いつもの緑地のあちらこちらにツワブキ(艶蕗:Farfugium japonicum )の黄色い花が咲いている。

Pb102951

丸く大きな葉をしたツワブキは、低地から山地の日陰や海岸に多い常緑の多年草で10月から11月に花を咲かせる。

Pb102938

草丈が50cm位あるから、林の中に咲いていてもかなり目立つね。

Pb102925

日向に咲くツワブキの花に、ベニシジミ(紅小灰蝶:Lycaena phlaeas )などのチョウが訪れていた。

Pb103051r

花が少なくなるこの時期にはツワブキは有難い存在だろうね。

Please click the nether banner if you sympathized with this blog.

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村

Thank you very much.

2012年11月15日 (木)

小啄木鳥

いつもの緑地の雑木林の中で昆虫を探していたら、頭上から"コツコツ"という音が連続して聞こえる。

耳を澄ませて音がする方を見上げ、音の主を探したがなかなか正体がつかめない。
ようやく、クヌギの幹にコゲラ(小啄木鳥:Dendrocopos kizuki )がとまっているのを見つけた。

Pb102971r

日本に生息するキツツキで最小のコゲラはスズメと同じくらいの大きさで、白色と灰色のまだら模様の羽をもち、オスの後頭部には赤い斑紋がある。
コゲラは主に昆虫などの小さな動物を食べている。
木の幹に止まり、樹皮からつまみとったり、突いて穴を開けてとても長い舌を差し込んで食べる。

元々は、平地から山地の林に生息する鳥だけど、都市部の街路樹や公園などで見ることが増えているようだね。

Please click the nether banner if you sympathized with this blog.

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村

Thank you very much.

2012年11月14日 (水)

蓑虫

いつもの緑地を散歩中、クヌギの幹にミノガ(蓑蛾)の幼虫"ミノムシ"を見つけた。
ミノムシは吐き出した糸を使って枯れ葉や枯れ枝を絡めた袋状の巣を作り、枝などからぶら下がる。

Pb042913

私が子どもの頃はよく見かけたものだが、最近は数を減らしているようでめっきり見なくなったね。

Please click the nether banner if you sympathized with this blog.

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村

Thank you very much.

2012年11月13日 (火)

暫くの別れ

いつもの緑地のクヌギの根元に、オスのコクワガタ(小鍬形:Dorcus rectus )が落ちていた。
コクワガタは街路樹や公園の樹木などでも見られるから、日本で最もなじみ深いクワガタムシだね。

Pb042916

瑕がないし、アリも群がっていないので生きているのかと思って拾い上げてみた。
既に死んでいたけど、まだ柔らかい。
この日に一生を終えたのだろうか。

Pb042915

野外で成虫が見られるのは5月から10月頃までだ。
来年の夏、このオスの子が姿を現すまで暫くのお別れだね。

Please click the nether banner if you sympathized with this blog.

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村

Thank you very much.

2012年11月12日 (月)

とっても小さなハンター

近所の緑地を歩いていたら、目の前の遊歩道を小さな昆虫がチョコチョコと横切っていく。
近寄ってみると、日本に分布するカマキリの仲間で最小のヒナカマキリ(雛蟷螂:Amantis nawai )だった。

Pb042882

体長は1.5~2cmしかないが、これでも立派な成虫だ。
それほど珍しい種ではないけれど見かけることは少ない。
常緑広葉樹林の落ち葉の上が主な生息環境だから、小さくて地味な体色をしたこの昆虫を探すのは難しいね。

Pb042873r

ほとんど腹這いになる姿勢で近寄って見ると、確かにカマキリの顔をしている。
こんなに小さくても立派なハンターなのだ。
他種のカマキリに比べると敏捷に歩き回るけど、歩幅が狭いから遊歩道上で見失うことはないね。

Pb042878r

ヒナカマキリの特徴のひとつが短い翅だ。
前後の翅はほとんど痕跡程度になっている。

Pb042891r

不思議なことにヒナカマキリのオスは稀にしか見つからないそうだ。
メスに比べてより小型なことも理由らしいけどね。

Pb042897

ヒナカマキリは常緑広葉樹林に伴って分布する昆虫だから、三浦半島には普通に生息しているのだろう。
先月、自宅の台所テーブルの上を歩いていた。
こんなところを妻や娘達に見つかれば、即座にティッシュペーパーに包まれてごみ箱行きになる。
そっと掌に乗せて屋外に出してやった。

Please click the nether banner if you sympathized with this blog.

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村

Thank you very much.

2012年11月11日 (日)

日本晴れ

昨日(11月10日)の横須賀は雲ひとつない晴天だった。

Pb102977

少し寝坊したので、昼食を摂ってから近所の緑地に行った。
昼過ぎなのに富士山が見えた。
早起きしていたらもっと綺麗に見えただろうに残念だね。

Pb102967

横浜のみなとみらい地区もよく見える。

R0012653

陽光を浴びた海が青い。
東京湾にはたくさんの釣り船がでている。

R0012669

空気が澄んでいると対岸の房総半島がすぐ近くに見えるね。

R0012676

今朝は薄曇りで午後から雨の予報だ。
来週は寒さが増すらしい。

Please click the nether banner if you sympathized with this blog.

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村

Thank you very much.

2012年11月10日 (土)

襲撃のあと

あれからニホンミツバチ(日本蜜蜂:Apis cerana japonica )の巣はどうなったのだろうか。
気になったので、いつもの緑地に見に行った。

ニホンミツバチの巣の出入口を見下ろすと、ミツバチが出入りしている。
オオスズメバチの姿はない。

Pb102962

10月下旬から急に気温が低下した。
次世代の女王バチだけが冬を越すオオスズメバチは、寒さの訪れとともに働きバチの命が尽きていく。
一方、ミツバチ達には冬を越すための貯蔵食糧"ハチミツ"がある。
どうやら、この巣のニホンミツバチはスズメバチの襲撃を凌いで、生き残ることができたようだ。

自然界の強者と弱者は紙一重だね。

(撮影日は平成24年11月10日)

Please click the nether banner if you sympathized with this blog.

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村

Thank you very much.

2012年11月 9日 (金)

オオスズメバチの襲撃

近所の緑地にニホンミツバチ(日本蜜蜂:Apis cerana japonica )の巣がある。

襲撃と防御

空調完備のマイホーム

斜面擁壁の排水管を出入口にして、内部の空洞に巣を造っているのだ。

Img_9608

多くの人が散歩で通る場所だけど、手摺りから身を乗り出して真下を眺める人はあまりいないから、巣の存在に気付く人は少ないだろう。

この緑地に行く度に巣の様子を見に行くのが習慣になっている。
まぁ、ご挨拶のようなものだね。

この日も見下ろしてみると、オオスズメバチ(大雀蜂:Vespa mandarinia japonica )の集団が、ニホンミツバチの巣に侵入している。

Pa132372r

少数のニホンミツバチが入口付近にいるけど諦めムードが漂い、オオスズメバチに抵抗する様子はない。

Pa132402r

既にオオスズメバチに巣を占拠されてしまったのだろうね。

Pa132404r

生き残りのニホンミツバチをオオスズメバチが捕らえて噛み殺してしまう。

Pa132411r

この日本で数千年の間、ニホンミツバチとオオスズメバチはともに生きてきた。
秋になるとオオスズメバチはニホンミツバチの幼虫や蜂蜜を目当てに巣を襲うが、常にオオスズメバチが勝者になるとは限らない。
ニホンミツバチは束になって"永年の宿敵"オオスズメバチを"布団蒸し"にする必殺技をもっているのだ。

Pa132422r

養蜂家の庇護がなければ、オオスズメバチに襲われたセイヨウミツバチの巣は全滅してしまう。
巣に対する執着心が強いから逃げないのだ。

これに対して、オオスズメバチの撃退に失敗したニホンミツバチは集団で逃走することが多い。
別の場所で巣を再建するためにね。

(撮影日は平成24年10月13日)

Please click the nether banner if you sympathized with this blog.

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村

Thank you very much.

2012年11月 8日 (木)

枯れ尾花

ススキ(芒:Miscanthus )の穂が風に揺れている。
白色の穂をよく見るとススキの種子がたくさん付いている。

Pb042782

イネ科のススキは、人目を惹くような花は咲かせない。
この地味な白い穂を愛でるのは、いかにも日本人らしいね。

Pb042803

直線的だった穂は、種子が熟すにつれてカールがかかったようになる。

Pb042752

小さな種子の一つ一つにはふわふわの白い綿毛が生えていて、熟したら穂から離れ、風に乗って飛んでいくのだろうね。

Pb042764

尾花はススキの別称だ。
ススキの穂が馬の尾に似ているから付いた名らしい。
なるほどね。

風に揺れる枯れ尾花はなかなか風情がある。
草刈がとっても大変なことがススキの難点だけどね。

Please click the nether banner if you sympathized with this blog.

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村

Thank you very much.

2012年11月 7日 (水)

立冬

"立冬(りっとう)"
冬の気配が感じられる

今年は秋らしい日々が短かったのではないか。
夏から一気に冬になってしまった気がするね。

Pb042741

昆虫の姿がめっきり少なくなった。
"小春日和"に散歩したい。

追記

立冬の朝は濃い霧が漂っていた。

Dsc_0053

Dsc_0055

私の家は海の近くだけど、これだけの濃霧は年に数回しかない。

二十四節気(にじゅうしせっき)は、1年の太陽の黄道上の動きを視黄経の15度ごとに24等分して決められている。
太陰太陽暦(旧暦)では季節を表すために用いられていた。

Please click the nether banner if you sympathized with this blog.

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村

Thank you very much.

2012年11月 6日 (火)

姫蔓蕎麦

ヒメツルソバ(姫蔓蕎麦:Persicaria capitata )のピンクの花が咲いている。

Pb042822

コンペイトウのような形をした小さな花が可愛らしい。
初夏から初冬まで、半年以上も咲いているから、あまり季節感はないけどね。

Please click the nether banner if you sympathized with this blog.

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村

Thank you very much.

2012年11月 5日 (月)

シオカラトンボ

夏には、たくさん飛び交っていたシオカラトンボ(塩辛蜻蛉:Orthetrum albistylum speciosum )も、とうとう姿が見えなくなった。

P8180171

P8180179

成熟したシオカラトンボのオスは、複眼が美しい青色、胸から前腹が灰白色、後腹が黒色になる。
一方、メスの複眼は緑色、胸は黄褐色に黒の斑点が付いている。
同じ種なのに雌雄で全く見た目が違うのだ。

別種のように見えるからだろうか、メスは"ムギワラトンボ(麦藁蜻蛉)"の異名をもつ。

シオカラトンボの雌雄は、こんな姿勢で交尾していることが多い。

P8180180rr

このペアの子孫も、来年の夏、空を舞うのだろうね。

Please click the nether banner if you sympathized with this blog.

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村

Thank you very much.

2012年11月 4日 (日)

Hunting now !!(クロスズメバチ)

クロスズメバチ(黒雀蜂:Vespula flaviceps )がアオバハゴロモ(青羽羽衣:Geisha distinctissima )を捕らえているところを見つけた。

クロスズメバチは体長が15mmくらいの小型のスズメバチだ。
全身が黒くて、腹部の白い縞模様が特徴だ。
小型の昆虫などを捕らえて巣に運び、幼虫の餌とする。

スズメバチ類の狩りにはいつも感心させられるけど、クロスズメバチも素早い。
葉にとまっているアオバハゴロモに飛びかかり、瞬く間に肉団子にしていく。

P9162018r

翅などを切り落とし、筋肉部分を上手に丸めていくのだ。

P9162034r

ストロボの発光量を誤って設定したので、光が強過ぎた。
小雨が降ってきたので焦ってしまったのだ。
失敗写真だけど仕方がないね。

Please click the nether banner if you sympathized with this blog.

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村

Thank you very much.

2012年11月 3日 (土)

見つめられて

近所の緑地を歩いていたら、路傍の葉の上にネコハエトリ(猫蠅捕:Carrhotus xanthogramma )がいた。

近づいてみたら食事中のようだ。

P9162057r

口をモグモグさせながら、じっと私を見つめている。

なぜだか私が無礼をしたように思えて恐縮してしまったね。

Please click the nether banner if you sympathized with this blog.

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村

Thank you very much.

2012年11月 2日 (金)

もうすぐ冬篭り

クロヤマアリ(黒山蟻:Formica japonica )の働きアリが、ガの蛹を巣に運んでいく。

P9161998r

自分よりはるかに大きく重い獲物を引きずって行く。

途中で巣の仲間が加勢に入るのだが、呼吸が合わないと余計に手間取ったりして面白い。

P9162006

それにしてもたいした力持ちだね。

P9162000r

冬になればクロヤマアリの巣は閉じられる。
冬の間はほとんど活動を休止するけど、食糧がなければやはり困る。
今のうちに貯蔵に励まないとね。

Please click the nether banner if you sympathized with this blog.

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村

Thank you very much.

2012年11月 1日 (木)

アカタテハ

日本中に広く分布するアカタテハ(赤立羽:Vanessa indica )は、夏よりも秋に成虫の数が増えるチョウだ。

三浦富士の山頂に行ってみたら、アカタテハのオスが縄張りを張っていた。

Pa202692

近くを他のチョウが飛べば、緊急発進してこれを追い払う。
体当たりをする感じでかなり遠くまで執拗に追跡する。

Pa202697

他のチョウが近寄らなければ、翅をいっぱいに広げて日光浴をしている。

Pa202718

アカタテハの越冬態は成虫だ。
このチョウは無事に冬を越して、春を迎えることができるだろうか。

Please click the nether banner if you sympathized with this blog.

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村

Thank you very much.

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

ブログパーツ

  • 日本ブログ村
2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ