« 志賀高原の昆虫(その3) | トップページ | ルリボシヤンマの産卵(その1) »

2012年8月25日 (土)

志賀高原の昆虫(その4)

信州大学志賀自然教育園の中を歩いていたら、道端に生える草の上に綺麗なカメムシを見つけた。
山地に生息するツノアオカメムシ(Pentatoma japonica )だね。

P8051594

P8051579

青味がかった体はよく見ると金粉を散りばめたようで美しい。

P8051560

湿原にはコオニユリ(小鬼百合:Lilium leichtlinii )やコバギボウシ(小葉擬宝珠:Hosta sieboldii )の花が咲いていた。

P8051696

P8040883

P8051440

路傍の葉にとまっているのは、エゾイトトンボ (Coenagrion lanceolatum )だろうか。
鮮やかな青に輝くからだが美しい。

P8051619

ルリボシヤンマ(瑠璃星蜻蜒:Aeshna juncea juncea )は、体長が80mmほどの大型のヤンマで、標高が高い池や湿地に生息する。

P8051626

(撮影日は2012年8月5日)

Please click the nether banner if you sympathized with this blog.

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村

Thank you very much.

« 志賀高原の昆虫(その3) | トップページ | ルリボシヤンマの産卵(その1) »

蜻蛉」カテゴリの記事

半翅」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 志賀高原の昆虫(その4):

« 志賀高原の昆虫(その3) | トップページ | ルリボシヤンマの産卵(その1) »

ブログパーツ

  • 日本ブログ村
2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ