« 処暑 | トップページ | 志賀高原の昆虫(その4) »

2012年8月24日 (金)

志賀高原の昆虫(その3)

志賀高原で一番多く眼にしたチョウはアサギマダラだった。
このように林が開けた場所にヨツバヒヨドリの花が咲いている。
この花にアサギマダラが集まってくるのだ。

P8040760

実はこの草地は冬にはスキー場のゲレンデになる。
定期的に樹木や草が刈り取られ、明るい環境が維持されているから草原を好むチョウ達が集まってくるのだろうね。

P8051510

P8051518

元々鷹揚とした雰囲気のアサギマダラだが、同種の数が多いと警戒心がより薄れるのだろうか、多少近寄っても逃げようとしない。
おかげでクローズアップ撮影が楽にできたね。

P8051232

P8051223

本当に美しくて気品があるチョウだと思う。

P8051717

セセリチョウの仲間も種が多い。
翅を閉じて止まっていることが多いので、特徴を見極めるのが難しいね。
このチョウは翅裏面に目立つ白紋がほとんどない。
長野県の準絶滅危惧種であるアカセセリ(赤挵:Hesperia florinda )に似ていると思うけどね。

P8051297

この個体のように、鱗粉が剥げ落ち翅の一部が欠損していると余計わからなくなるね。

P8051477

日本では絶滅の危機に瀕している草原性のチョウが多い。
かつて耕作地周辺には草原が広がっていたが、人の手が加わらなくなると草地が減少していく。
このことが、ヒョウモンチョウやセセリチョウのような草原性のチョウの生息地を減少させているようだ。

(撮影日は2012年8月5日)

Please click the nether banner if you sympathized with this blog.

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村

Thank you very much.

« 処暑 | トップページ | 志賀高原の昆虫(その4) »

鱗翅」カテゴリの記事

コメント

きれいな蝶々ですね。 ウットリします。。。

ナンシーおばさん さん

アサギマダラは飛び方も優雅で品がありますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574058/55445685

この記事へのトラックバック一覧です: 志賀高原の昆虫(その3):

« 処暑 | トップページ | 志賀高原の昆虫(その4) »

ブログパーツ

  • 日本ブログ村
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ