« 小さなカミキリ | トップページ | 再び花潜 »

2012年5月27日 (日)

みちおしえ 2種

いつもの虫撮りコースでは、2種類のハンミョウを見ることができる。
ハンミョウは、陽あたりが良いが少し湿っている林道などに生息している。
人が近づくと少し離れた所に飛んで逃げ、近づくとまた逃げる。
これを繰り返すことから"みちおしえ"の異名を持つ。

みちおしえ

少し緑を帯びた褐色をしているのはニワハンミョウ(庭斑猫:Cicindela japana japona )だ。

P5062772

P5062780

頭部を拡大してみると、巨大な眼とギザギザした鋭い大顎が特徴的だ。
なかなか精悍な面構えではないか。

ハンミョウ類を英語では"Tiger Beetle"という。
発達した複願で小さな昆虫を見つけて襲いかかり、剣のような顎で仕留めるハンターなのだ。

P5062780r

こちらは虹のように美しい体色をしたナミハンミョウ(並斑猫:Cicindelia japonica japonica )だ。
"並"とはいうけれど、日本産ハンミョウ類の中では最も美しい。
というか、他種は地味で目立たない体色をしているものばかりだ。
なぜ、ナミハンミョウだけが宝石のように美しいのか、不思議だね。

P5062839

横顔を見ると、巨大な複眼が頭の大部分を占めているのがよく分かる。
飛び出しているので、視界も良いだろうね。

P5062839r

P5062834r

大顎で噛まれたら痛そうだ。

Please click the nether banner if you sympathized with this blog.

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村

Thank you very much.

« 小さなカミキリ | トップページ | 再び花潜 »

鞘翅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: みちおしえ 2種:

« 小さなカミキリ | トップページ | 再び花潜 »

ブログパーツ

  • 日本ブログ村
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ