« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月の記事

2012年4月30日 (月)

冬を越えて

近所の緑地を歩いていたら、アカタテハ(赤立羽:Vanessa indica )が陽光を浴びて体を温めていた。

P4282618

アカタテハは秋によく見かけるチョウだ。

秋に発生した成虫は、気温が低くなると活動を停止して、雨、風、雪があたらない場所で冬を越す。

だから、今の時期に見かけるアカタテハには、翅がボロボロに痛んでいる個体が多い。
厳しい冬を乗り切った勲章だね。

羽化したばかりの美しい翅も良いが、痛んだ翅に感情移入してしまうのは自分が歳を重ねたせいか。

Please click the nether banner if you sympathized with this blog.

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村

Thank you very much.

2012年4月27日 (金)

綿毛

セイヨウタンポポ(西洋蒲公英:Taraxacum officinale )が真っ白な綿毛を付けている。
この植物にはあまり季節感がないね。

P4177820

セイヨウタンポポがヨーロッパ原産の帰化植物であることは有名だ。
日本生態学界が定める"日本の侵略的外来種ワースト100"にも、当然のように名前を連ねている。
なんとも厳しく、悪者丸出しだけど、日本にセイヨウタンポポを持ち込んだのは、もちろん人だ。

Please click the nether banner if you sympathized with this blog.

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村

Thank you very much.

2012年4月25日 (水)

幼い頃は

両親宅の庭に植えられたマツヨイグサ(待宵草)に、体長が1cm位の可愛らしいヤブキリ(藪螽斯:Tettigonia orientalis )の幼虫がいた。

R0016784

本州、四国、九州に広く分布するキリギリス科のヤブキリは、"やぶ"に棲息する"キリギリス"がその名の由来だ。
触角がとても長いので画面からはみ出してしまう。

R0016790r

花の上で何をしているかというと、栄養たっぷりの花粉を食べているのだ。

ヤブキリは成虫になると体長が5cm位になる。
いつまでも花粉ばかりでは栄養が不足するので、成長するにつれて肉食の傾向が強くなる。
居場所も草花から樹上に移り、他の昆虫を捕食するハンターになっていく。

可愛らしいヤブキリを見たければ、この時季にタンポポの花などを探すと良い。
成虫はかなり厳つい顔つきになってしまうからね。

Please click the nether banner if you sympathized with this blog.

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村

Thank you very much.

2012年4月24日 (火)

紅い新芽

両親宅の庭には、赤い新芽をつけるカエデがある。
"イロハモミジ"だろうか、種はよく分からないが、毎年、この時季に見事な"紅葉"を楽しませてくれる。

R0016853_2

秋の紅葉と違って、これから生長する生命力と瑞々しさを感じさせる葉だね。

新芽が赤い植物は他にもある。

R0016842

カエデほどではないが、花期が過ぎたアセビも赤い新芽を伸ばしている。

Please click the nether banner if you sympathized with this blog.

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村

Thank you very much.

2012年4月23日 (月)

海老根の花

両親宅の庭に母が植えたエビネ(海老根)の花が咲いている。

R0016833

エビネの花は変異が多いそうだ。
この花は黄褐色に赤味が加わっている。
原色の艶やかさとは違った美しい色をしているね。

R0016824

Please click the nether banner if you sympathized with this blog.

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村

Thank you very much.

2012年4月22日 (日)

筍掘り

竹の若芽であるタケノコは、"旬の味覚"の代表だろうね。
シャキシャキとした独特の食感は煮物にしても美味しいし、やはり筍御飯は格別だ。

両親宅には小さな竹林があって、毎年、この時季に筍掘りをするのを楽しみにしている。

R0016807

それにしても、筍が伸びる速さには驚く。
タケの生長は被子植物で最速といわれているが納得するね。
毎日、母親が様子をみているが、翌日には10cm位は背が高くなる。
1週間もすれば、1mを超えてしまうので早く掘らないと食べられなくなってしまうね。

R0016801

千葉県産のタケノコから基準値(100ベクレル/Kg)を超える放射性セシウムが検出されている。
神奈川県産のタケノコは20~30ベクレル/Kgだから、健康に与えるリスクは低いだろう。
まぁ、安心して食べられそうだ。

Please click the nether banner if you sympathized with this blog.

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村

Thank you very much.

2012年4月21日 (土)

転勤

横浜の関内駅前に、街路樹としてハナモモを植えている一角がある。

Dsc_0044

毎年この時季になると、短い間だけど綺麗な花を咲かせて目を楽しませてくれる。

この4月に、三年間通い慣れた関内から転勤になった。
次の職場も横浜市内だから、この花を見られなくなるということではないけれど、少し寂しいね。
昼休みに横浜公園のチューリップも見れないな・・・。

"天吉(てんきち)"は、"サザンオールスターズ"の原由子さんの実家として有名な天ぷら屋だ。
サザンファンにとっては、聖地のひとつになっている。

Please click the nether banner if you sympathized with this blog.

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村

Thank you very much.

2012年4月20日 (金)

穀雨

"穀雨(こくう)"
穀物をうるおす春雨が降る

しとしとと降る春雨は、植物にはなくてはならない恵みだ。
"雨後の筍"という言葉もあるように、この時季の植物の生長には目をみはる。

それにしても、このところ週末になると天気が下り坂になるように思うのは私だけだろうか。

P4254025_2

今週末も雨の予報だ。
植物にとっては必要なのだろうが、外歩きができないジトジト天気が恨めしいね。

二十四節気(にじゅうしせっき)は、1年の太陽の黄道上の動きを視黄経の15度ごとに24等分して決められている。
太陰太陽暦(旧暦)では季節を表すために用いられていた。

Please click the nether banner if you sympathized with this blog.

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村

Thank you very much.

2012年4月18日 (水)

総帆展帆

"日本丸"は1930年(昭和5年)に建造された練習帆船だ。
引退する1984年(昭和59年)まで54年間にわたって活躍した。

翌年の4月から、横浜みなとみらい地区の石造りのドライドッグ(旧横浜船渠株式会社第一号船渠)跡に保存されている。

造船所

総帆展帆(そうはんてんぱん)とは、普段は畳んでいる全ての帆(セイル)を展開することだ。

Img_9305

日本丸の帆(セイル)は全部で29枚だ。

R0016779

手作業で行われる展帆と畳帆(じょうはん)は、訓練を修了したボランティアが担っている。

Img_9324

やはり帆船は、帆を広げた姿が美しい。
現役時代の日本丸は"太平洋の白鳥"と呼ばれたそうだ。
納得だね。

Img_9328

Img_9310

総帆展帆は、冬季(12~3月)を除いて年間12回ほど実施されている。

平成24年度 総帆展帆実施予定

Please click the nether banner if you sympathized with this blog.

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村

Thank you very much.

2012年4月17日 (火)

生存者の手記

"タイタニック"の処女航海には、ひとりの日本人が乗船していた。
鉄道院副参事の細野正文という人で、幸運にも救助されて生還した。

細野正文氏が遭難から救助までの様子を救助船内で記した手記が残っている。
事故100年ということで、この手記が"横浜みなと博物館"で特別公開されている。

特別公開「タイタニック日本人生存者の手記」

手記はタイタニックに備え付けられた便箋に書かれている。

1

ホワイト・スター・ライン社の紋章の隣に"R.M.S.(Royal Mail Shipの略)Titanic"と記されているね。
なぜか細野氏は便箋の天地を逆にして、小さな紙面の両面に細かな文字をびっしり綴っている。

・・・大事件ノ発生セシヨト疑ナキフ知り、
生命モ本日ニテ終ルコトト覚悟シ別ニアワテズ、
日本人ノ恥ニナルマジキト心掛ケツツ尚機会ヲ待チツツアリ。

・・・余ハ最早船卜運命ヲ共ニスルノ外ナク
最愛ノ妻子ヲ見ルコトモ出来ザルコトカト覚悟シツツ
凄想ノ思ヒニ耽リシニ今一人ノ飛ブヲ見テ責メテ此ノ機ニテモト
短銃モ打ルル覚悟ニテ数尺ノ下ナル船二飛ビ込ム。

・・・此時二当り船上二在ル船客ハ逃ルベキ道ナキヲ以テ
声フ上ゲテ救ヲ呼ブ様スサマジク、
船ハト見 レバ上甲板丈水面二表ハレツツアルノミ、
実ニスキコト云ハン方ナシ。

・・・彼是一時近キ頃卜思フ時分スサマジキ爆声起ルコト三四回
ナルヤト思フ間モナク屹然タル大船ハ非常ノ音ヲナシテ
全ク其姿ヲ没シ今、日前ニアリト見シモノモ影モナシ、
実二有為転変ノ世ノ中哉。

・・・沈ミシ後ニハ溺死セントシツツアル人々ノ叫声実ニモノスゴク、
ポート内ニハ其夫父等ヲ案ジツツアル婦人連ノ泣ク声亦盛ニテ
鳴呼自分モ何ウナルコトカト思フ時ハ気モ心モ沈ミシ心地ナリシ。

・・・此クシテ漂フコト六時マデニ至り果シテ遠方二船ノ煙ヲ吐キツツ来ルヲ見ル。
借テハ助カルコトカト思ヒ稀安堵ノ思ヲナス。
七時船全ク遭難地点三着シ停止ス。
是ヨリ漸次本船二救ヒ上グラル.小生ノポートハ最後ナリキ。

・・・全ク本船二上リシ時ハ正二八時。ココニテホットー息スルト共二
感謝ノ念ムラムラト起リテ涙沸沌タリ。 略

映画を観た後にこの手記を読むと、この事故が紛れもない事実であったことを実感する。

タイタニックの生存者に男性は少ない。
乗員乗客数に対して全く不足であった救命ボートに、女性と子どもを優先して乗船させたからだ。

生還した細野氏には非難や中傷もあったという。
"騎士道"や"武士道"の精神も大切だが、その場に居合わせなかった傍観者が最愛の妻子に思いを馳せる細野氏を責めるのは筋違いだろう。

余談だが、ミュージシャンの細野晴臣さんは細野氏の孫だ。

人は、自然災害や事故で突然命を絶たれることがある。
あまりにも酷で不公平だけど、"運命"としか表現できない。

自分の運命を知ることはできないが、もし、"タイタニックの悲劇"や大地震に遭遇したら、どんな行動をするだろう。

Please click the nether banner if you sympathized with this blog.

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村

Thank you very much.

2012年4月16日 (月)

タイタニック

14日の土曜日、映画"タイタニック 3D"を観に行った。

Titanic1_1024

今から100年前、1912年(明治45年)4月14日に北大西洋を処女航海中の豪華客船"タイタニック"が氷山に衝突し、翌日の未明に沈没した。
乗客乗員約2,200人のうち犠牲者は約1,500人、当時史上最悪の海難事故となった。

1997年に封切りされた映画"タイタニック"は、世界中で社会現象ともいえる大ヒットとなったのは記憶に新しい。
主人公達の悲恋、乗員乗客の過酷な運命はなんとも切ないが、人生に希望を感じさせるラストが良かったね。

その後、地上波でも何度かTV放映されたし、夕日に向かう船首のラブシーンはお笑い番組で散々なパロディになってしまったので、流行の3D化といってもあまり見たいとは思っていなかった。

しかし、封切り初日が事故後ちょうど100年ということを知り、映画館に足を運んだ。
結果、観て良かったね。
オリジナルの映像を美しく再現していたし、3D化の画像処理も不自然さを感じなかった。
レオナルド・ディカプリオがなんとも初々しいのは、15年の経過を感じさせたけど。

件の"最期の夕日に向かう船首のラブシーン"はやはり美しくて切ない。

Please click the nether banner if you sympathized with this blog.

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村

Thank you very much.

2012年4月15日 (日)

海棠

父母宅の玄関脇にはハナカイドウ(花海棠)が植えられている。
父が植えたものだが、ピンク色をしたこの花が好みのようだ。

Img_9278

ハナカイドウは、バラ科リンゴ属の落葉高木で中国が原産だ。
丈夫な樹なので、住宅の庭や公園で見かけることが多いね。

Please click the nether banner if you sympathized with this blog.

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村

Thank you very much.

2012年4月14日 (土)

木蓮

モクレン(木蓮)は、薄紫色の強い香りを放つ花を咲かせる。
近縁のコブシ(辛夷)に比べてより大きな花だね。

Img_9042

ハス(蓮)の花に似ていることが名の由来らしい。
それほど似ているとは思えないけどねぇ。

Please click the nether banner if you sympathized with this blog.

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村

Thank you very much.

2012年4月13日 (金)

人の手を借りて

しかし、サクラはなぜこれだけ多くの花を咲かせるのだろう。

Img_9087

花を咲かせても種子を作ることができないソメイヨシノ(染井吉野)は人が交配や改良を重ねた品種だから、花数が多いのは当たり前かもしれないけど・・・。

Img_9111

ただ、人に見せるために美しい花を咲かせるのだろうか。

Img_9120

結果として、日本中そして海外にも生息域を広げて自らの遺伝子を残しているのだから、サクラの戦略は成功しているということか。

サクラという生物は人を上手に利用しているとも考えられるね。

Please click the nether banner if you sympathized with this blog.

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村

Thank you very much.

2012年4月12日 (木)

花桃

ハナモモ(花桃)の花が見頃を迎えている。
中国が原産のハナモモは、花を観賞するために江戸時代に品種改良が行われた。
八重咲きや、色も赤、桃色、白など数多くの品種があるようだね。

P4012412

3月3日の節句は、ハナモモが見頃になる時季だから"桃の節句"と呼ばれる。
3月初旬の神奈川県内ではハナモモの花はまだ少し早いのだが、旧暦の3月3日は3月下旬にあたるからね。

Img_9077

花の観賞を目的に改良されただけあって、八重の品種は豪華なつくりをしている。

Please click the nether banner if you sympathized with this blog.

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村

Thank you very much.

2012年4月11日 (水)

爛漫

日本全国ソメイヨシノばかりでは淋しいと言っておきながら、満開のサクラを見上げると日本に生まれてよかったと思う。

Img_9245

一斉に花を咲かせるソメイヨシノの美しさは圧倒的だね。

Img_9218

ソメイヨシノを不用意に剪定すると病気になりやすいそうだ。
大気汚染や病害虫に弱いサクラは、各地で大切に手入れをされている。

それでも、春になれば花見客が樹元で酒盛りをしたがるから、大勢の人に根が踏みつけられて弱ってゆく老木も多い。

Img_9230

"花見"で酒盛りはしないけど、天気の良い日に樹の下に腰を下ろして、また寝転んだりして花を見上げるのがなんとも心地よい。

Img_9202

この風景も、"うたかた"のようにあと数日で儚く消えていく。

Img_9262

Please click the nether banner if you sympathized with this blog.

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村

Thank you very much.

2012年4月10日 (火)

田打ち桜

コブシ(辛夷)が白くて大きな花を咲かせている。
3月下旬から4月の初旬に新葉に先駆けて咲く花は、春の訪れを告げる一員だ。

P4012312

コブシは別名"田打ち桜"というそうだ。
昔の人々は、コブシの開花を合図にして、田圃の代掻きを始めたのだろうか。
生物の生長から季節を読み取る能力を、私たちは失いつつあるのかもしれないね。

Please click the nether banner if you sympathized with this blog.

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村

Thank you very much.

2012年4月 9日 (月)

馬酔木

近所の緑地でアセビ(馬酔木)が花を咲かせている。
アセビは古くから日本の山地に自生する常緑樹だ。

P4012143

数年前のゴールデンウィークに天城山を歩いた時、尾根道がアセビの花のトンネルになっていた。
公園などに植えられているアセビはせいぜい人の背丈ほどの低木だけど、天城山では樹高が4メートル以上はあった。
意外に背高な樹なんだね。

アセビの葉には毒がある。
馬がその葉を食べると酔ったように苦しむことから、"馬酔木"と名づけられたそうだ。
草食動物は、アセビ以外の樹の葉を食べ、アセビは食べ残される。
だから放牧地などでは、アセビが多い植生になりやすいそうだ。。

P4012130

アセビは万葉集にも登場するから、昔から日本人に親しまれていたのだろうね。

P4012150

壷を伏せたような小さな薄桃色の可愛い花を、房状にたくさん咲かせる。

Please click the nether banner if you sympathized with this blog.

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村

Thank you very much.

2012年4月 8日 (日)

丸い花

ミツマタ(三椏:Edgeworthia chrysantha )は名前のとおり、先端に向かって三叉に分岐しながら枝を伸ばしていく。

P4012368

春の予感(2)

近所の緑地に、一面にミツマタを植えた場所があった。
少し前はただの擁壁だったと思うのだが、いつ植えたのだろうか。

ほとんどは、園芸種のアカバナミツマタ(赤花三椏)だ。
黄色の花より見栄えがするので、人気があるのだろうね。

P4012281

花は多数の小花が集合して、毬のような不思議で可愛い形をしている。

P4012303

P4012365

ミツマタの花を見ると、春が来たなぁと実感する。

Please click the nether banner if you sympathized with this blog.

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村

Thank you very much.

2012年4月 7日 (土)

横須賀火力発電所

東京電力の事業者向け電気料金が値上げされる。
原子力発電所の運転が停止したことによって、必要な電力量を確保するために全国で火力発電所がフル稼働している。

Img_9005

久里浜にある横須賀火力発電所は老朽化が進んでいるので、レンタルしたガスタービン発電機を設置して応急発電をしているそうだ。

今年の夏は何とか乗り切れると東京電力は説明しているけど、発電コストが上昇していることは間違いないね。

Please click the nether banner if you sympathized with this blog.

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村

Thank you very much.

2012年4月 6日 (金)

路傍の小さな幸せ

緑地を歩いていたら、路傍にタチツボスミレ(立坪菫:Viola grypoceras )が花を咲かせていた。
この季節、目を楽しませてくれるいつもの群生地だ。

P4012217

ありふれたスミレだけど、1年ぶりに見ると愛おしいね。

P4012220

タチツボスミレの花言葉は"つつましい幸せ"、妙に納得する。

春の散歩は、路傍の小さな花も良い。

Please click the nether banner if you sympathized with this blog.

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村

Thank you very much.

2012年4月 5日 (木)

石楠花

今年は、梅や桜の開花が遅れたけれど、もちろん平年どおりに咲く花もある。

Img_8970

シャクナゲの花が咲き始めている。
どれも大きくて派手な色をしているから、熱帯原産の植物に思えるね。

P4012197

だけど、シャクナゲは不思議な植物で、北半球の亜寒帯から熱帯山地まで、とても広い範囲に分布している。
暑さ、寒さに鈍感なのだろうか。
少しくらい冬が厳しくても、あまり影響を受けないのかもしれないね。

P4012188

この日はミツバチやハナバチの姿は見当たらなかったけど、5月になれば、この花を訪れるオオスズメバチの女王を見ることができる。

Please click the nether banner if you sympathized with this blog.

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村

Thank you very much.

2012年4月 4日 (水)

清明

"清明(せいめい)"
すべてのものが生き生きとして、清らかに見える

ようやく春の陽気が感じられるようになった。
本当に気の毒な名を付けられたオオイヌノフグリ(大犬の陰嚢:Veronica persica )が清楚に花を咲かせている。

気の毒な名前

P4012274r

ツバキのように何十本もおしべがある花もあるが、オオイヌノフグリのおしべは2本しかない。
おしべが多いほど花粉の量も増えて受粉しやすいと思うが、オオイヌノフグリは少ない花粉を補うために裏技を使う。

夜になって花を閉じるときに、2本のおしべがめしべに触れて自家受粉する仕組みになっているのだ。
早春のまだ昆虫が少ない時期に花を咲かせるから、自家受粉という保険をかけるようになったのだろうか。

二十四節気(にじゅうしせっき)は、1年の太陽の黄道上の動きを視黄経の15度ごとに24等分して決められている。
太陰太陽暦(旧暦)では季節を表すために用いられていた。

Please click the nether banner if you sympathized with this blog.

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村

Thank you very much.

2012年4月 3日 (火)

椿

ツバキの花が見頃を迎えている。
近所の緑地では、数種類のツバキが植えられている。

P4012262

よく見るとツバキの花弁は傷んで汚れていることが多いので、少し離れた所から見るのが美しい。

P4012278

美しい花を探して接写したのが、この2枚だ。

陽春は風の季節でもある。
風が弱まるのを根気よく待たないと、マクロ撮影は被写体ぶれを量産してしまうね。

樹の下には落ちた花が目立つ。
落ち椿も風情があるのだろうが、少しもの悲しい気持ちになる。

Please click the nether banner if you sympathized with this blog.

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村

Thank you very much.

2012年4月 2日 (月)

サクラサク

3月31日に東京の桜が開花したと気象庁が発表した。
東京の桜は1989年(平成元年)から23年続けて3月中に開花しているそうで、4月にずれ込めば記録的な遅咲きになったそうだ。

そういえば、ここ数年はサクラの開花が早まり、入学式には既に花が散ってしまった年もあった。
地球温暖化の影響と言われていたが、今年の遅咲きはどのように説明するのだろう。

P4012491

横須賀でもソメイヨシノ(染井吉野)が咲き始めている。
久しぶりに晴れた週末の日曜日、近所を散歩した。

開花したといったも、まだ数輪が咲いているだけで、見頃は来週末だろうね。

P4012456

観賞用サクラのソメイヨシノは、エドヒガン (江戸彼岸)とオオシマザクラ(大島桜)を人が交配した雑種だ。
ソメイヨシノは種子を作ることができないので、主に接木で増やす。
人が手入れをしないと子孫を残すことができない種なのだ。
接木とはすなわち"クローン"だから、日本中のソメイヨシノのDNAは同一だ。
だから、同じ温度環境であれば、一斉に花を咲かせて散っていく。

P4012441

ソメイヨシノの花は美しいけど、日本中このサクラばかりというのも寂しいと思うね。

Please click the nether banner if you sympathized with this blog.

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村

Thank you very much.

2012年4月 1日 (日)

"しらせ"から"SHIRASE"へ

オレンジとクリームに塗装された船は、1982年(昭和57年)から2008年(平成20年)まで日本の南極観測に従事した南極観測船の初代"しらせ"だ。

"しらせ"は海上自衛隊が運用する"砕氷船"であって、乗員は海上自衛官、母港は横須賀なのだ。

Pc066912

後継艦の二代"しらせ"が就役して、砕氷艦としての役割を終えた。

南極観測船の先輩である"宗谷"や"ふじ"は、退役後は博物館等として保存されている。
"しらせ"も保存して展示すべきという意見は当然あったが、先輩艦に比べて大型が故に保存コストが高額で、引き取り先が見つからず、退役後はスクラップになる運命だった。

しかし、当時は鉄屑価格が下落していた影響で解体は先送りとされ、2年間も母港に係留されたままとなっていた。

Pa263122

その後、保存に手を挙げた民間の気象情報会社に売却され、現在は、"SHIRASE"という船名で、千葉県の船橋港に係留されている。

Please click the nether banner if you sympathized with this blog.

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村

Thank you very much.

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

ブログパーツ

  • 日本ブログ村
2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ