« 不忍池 | トップページ | カニの抱卵 »

2011年9月23日 (金)

旧岩崎邸庭園

上野の不忍池にほど近い、池之端にある”旧岩崎邸庭園”を散策した。
三菱創設者・岩崎家の茅町本邸だった建物とその庭園が、都立公園として整備され、一般に公開されている(有料)。

Img_7565

1896年(明治29年)に建てられた旧岩崎邸は、有名なジョサイア・コンドルによって設計された。
木造2階建・地下室付きの洋館は、本格的なヨーロッパ式邸宅で近代日本住宅を代表する西洋木造建築だ。
威風堂々とした尖塔が見事だね。

Img_7538_2

洋館の南側には広い芝生が広がっている。列柱の並ぶベランダの窓は大きい。

Img_7550

Img_7543_2

建物の内部は撮影禁止だったが、柱や壁などの細部まで装飾が施され、重厚で趣があったね。

(撮影日は2011年9月11日)

Please click the nether banner if you sympathized with this blog.

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村

Thank you very much.

« 不忍池 | トップページ | カニの抱卵 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

るりぼしさん
ここは、あの”竜馬伝”でお馴染みの
岩崎弥太郎サマの、お宅ですよね。
明治のお方は、豪快で太っ腹ですねぇ~!

ホントに見事な美しい洋館ですね。
木造に見えないです。
建物というと、つい全体像ばかり撮ってしまいがちなのですが、
なるほど、こういう撮り方もあるのかと勉強になりました。

ナンシーおばさん さん

三菱財閥の創業家として、威信をかけた建築物なのでしょうね。
写真はアップしていませんが、日常生活に用いた”和館”は書院造を基調とした純和風で、また趣がありました。

みつひろ さん

バルコニーの列柱が印象的でした。
木造建築とは思えない重厚感ですよね。
重要文化財として、大切に保全されていますが、維持管理が大変でしょうね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 旧岩崎邸庭園:

« 不忍池 | トップページ | カニの抱卵 »

ブログパーツ

  • 日本ブログ村
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ