« Eeating now !!(ゴマダラカミキリ) | トップページ | ”暫定”世界遺産 »

2011年8月 7日 (日)

”虎の威”を借る

ヨツスジトラカミキリ(Chlorophorus quiquefasciatus )は、毎年、我が家を訪れてくれるカミキリムシだ。

トラカミキリとはよくいったもので、黄色と黒の”タイガース”ルックはとても目立つ。
背中の模様は、阪神のTHマークにどことなく似ていると思うね。
昆虫界で黄色と黒を纏う者はハチだ。ヨツスジトラカミキリはアシナガバチに擬態しているといわれている。
これはヨツスジハナカミキリも同様だ。

Eeating now!!(ヨツスジハナカミキリ)

手入れがおろそかになりがちな我が家には、ヤブガラシが茂っている(まったく困ったものだねぇ)。
このヤブガラシの花が咲くころに、ヨツスジトラカミキリは花粉を食べに来てくれる。

P7161469

ヤブガラシ以外にも、その辺の葉上にとまっていることが多い。
ただし、かなり敏感な昆虫なので、そっと近づかないと飛んで逃げていってしまう。

その飛び方、脚をダラリと伸ばしてフワァーと飛ぶ様が、またアシナガバチにそっくりなのだ。
毒針を持つアシナガバチに似ていれば、天敵の鳥に襲われる危険が少なくなるし、餌場を争うライバル達を威圧することができる(本家・本元のハチを除く)ので得することが多い。
まさに“虎の威を借る“だね。

P7161470

交尾を済ませたヨツスジトラカミキリの雌は、丈夫な産卵管を広葉樹の材に突き刺して卵をうみつける。よほど鋭いのかよく折れないものだ。

Photo

孵化した幼虫は、材を食べて成長していく。

Please click the nether banner if you sympathized with this blog.

にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

Thank you very much.

« Eeating now !!(ゴマダラカミキリ) | トップページ | ”暫定”世界遺産 »

鞘翅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ”虎の威”を借る:

« Eeating now !!(ゴマダラカミキリ) | トップページ | ”暫定”世界遺産 »

ブログパーツ

  • 日本ブログ村
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ