« とんぼのめがねは"ぴかぴか" | トップページ | 秋津から勝ち虫 »

2011年7月 6日 (水)

”ニイニイ”って

日曜日に、庭でニイニイゼミ(Platypleura kaempferi )が鳴いているのに気がついた。
今年初めて聞く声だ。

ニイニイゼミは、小型で可愛らしいセミだ。
日本に生息するセミには珍しく、翅にまだら模様がある。
成虫は、アブラゼミなどに先んじて6月下旬頃から姿を現す。でも、鳴き声が小さいのでセミと気付かれないかもしれない。

Dsc_7505

月曜の出勤時に、玄関のドアを開けるとニイニイゼミの雌が地面に落ちていた。
壁にでも衝突したのだろうか。
拾い上げてみたら、さほど弱ってはいない。
携帯で写真を一枚撮って放したら、元気に飛んで行った。

ニイニイゼミが多いのは森林だ。
湿潤な土壌でなければ、幼虫が生育することができないらしい。

湿潤な土から這い出すから、ニイニイゼミの抜け殻は全身に泥をかぶっている。
泥んこ遊びをした子どもみたいだ。

P7121046

アブラゼミの抜け殻は、こんな泥だらけにはならない。

鳴き声は「チー・・・ジー・・・」の繰り返し、声量はアブラゼミやミンミンゼミに比べれば可愛いものだ。
クマゼミが近くで鳴いていれば、かき消されてしまうだろうねぇ。

P7061133

セミの和名は、その鳴き声から付けられたものが多い。

ミンミン、チッチ、ツクツク・・・などだ。
ちょっと安直だけど、まぁ分かりやすいし、覚えやすいかな。

ところが、なんとニイニイゼミの名も鳴き声が由来らしい。
おいおい、「ニイニイ」なんて鳴いていないぞ。

命名者に尋ねてみたいねぇ。

Please click the nether banner if you sympathized with this blog.

にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

Thank you very much.

« とんぼのめがねは"ぴかぴか" | トップページ | 秋津から勝ち虫 »

半翅」カテゴリの記事

コメント

るりぼしさん
私も今朝、網戸にしがみついてるセミを出会いました。
びっくりしたんですが、ニイニイゼミだったのかもしれませんね。
でも、セミを見るのがいつもより早いので、うっそ~って思ってしまいました!

ナンシーおばさん さん

これから、アブラゼミ、ミンミンゼミ、クマゼミ、ヒグラシ、ツクツクボウシと続々とセミが出てきます。
今年の夏は節電で、いつも以上に暑く感じられるでしょうねぇ。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ”ニイニイ”って:

« とんぼのめがねは"ぴかぴか" | トップページ | 秋津から勝ち虫 »

ブログパーツ

  • 日本ブログ村
2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ