« 空調完備のマイホーム | トップページ | 謎の蜜腺 »

2011年5月 8日 (日)

みちおしえ

ナミハンミョウ(並斑猫:Cicindela japonica )の美しさは、日本産の甲虫の上位に入ると思う。
頭部のメタリック感や前翅(鞘翅)のグラデーションが秀逸。
ハンミョウの仲間はほとんどが地味な体色で、このナミハンミョウが一番美しい。「並み」なのにね。

P6160848

最近は、ナミハンミョウの生息域が減少しているそうだが、三浦半島ではまだ見かけることが多い。

山道をハイキングしていると、フワァと飛び立ち数メートル先に着地する。
近づくとまたフワァと前方へ。
その様がまるで道を教えているようなので「みちおしえ」の異名をもつ。

ハンミョウの写真を撮っていると(這いつくばる格好)、通りかかったハイカーに「何を撮っているのですか?」と聞かれる。
ひととおり説明するがハンミョウを知っている人はあまりいない。

派手なルックスで、道まで教えてくれるので目立ちそうなものだが、体が小さいのでハエぐらいにしか思われないようだ。

Pict6417

ハンミョウは筋金入りのハンターだ。
獲物の動きを的確にキャッチするためだろうか、複眼が大きくて視界が広そうだ。
大顎にはギザギザが何本もついていて、捕えた獲物を逃さない。
英名の「Tiger beetle」は伊達ではないね。

P5100673

P6100827_2

P5100637

ポチッとよろしく!

Please click the nether banner if you sympathized with this blog.
にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

« 空調完備のマイホーム | トップページ | 謎の蜜腺 »

鞘翅」カテゴリの記事

コメント

 ハンミョウをこれだけの距離で撮影するとは凄いですね~~~ 恐れ入りました。

敏感な個体と鈍い個体がいるんですよねぇ。
鈍い個体に巡り会うと、じっくり撮ることができます。

下の写真は、ミノルタA-1です。
液晶を見ながら撮れたので、
地面すれすれの構図が楽チンでした。
ハンミョウの捕食中は、これ以来撮れていません。
たったの500万画素ですが、いいカメラです。
最近はほとんど使いませんが・・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: みちおしえ:

« 空調完備のマイホーム | トップページ | 謎の蜜腺 »

ブログパーツ

  • 日本ブログ村
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ