« 活断層 | トップページ | 筍御飯 »

2011年4月24日 (日)

蝸牛被

P4254141

「蝸牛被」。虫好きな人でなければ、まず読めないだろう。
マイマイカブリ(蝸牛被:Damaster blaptoides )は、オサムシ亜科に分類される日本の固有種。

余談だが、漫画家 手塚治虫(本名は治)さんのペンネームがオサムシに由来することはよく知られている。
今夜(4月23日)、ヤングブラックジャックを放映していたね。

オサムシ亜科の多くは地上を歩きまわる肉食の甲虫で、後翅が退化して飛翔することができない。
飛翔能力を失った種は、形態が例えれば「なで肩」になっている(カタビロ(肩広)オサムシというのは、飛ぶことができる)。

マイマイカブリも地上を歩きまわり、カタツムリなどを捕食するハンターだ。
カタツムリの殻の中に頭を突っ込んでいる様が「蝸牛を被る」という和名の由来だろう。
そのまんまで分かりやすい。

山歩きの最中にマイマイカブリを見つけたのは数年ぶり。
本来は夜行性なので昼間にウロウロしてることは少ないが、そんなに沢山いる昆虫ではない。
私はマイマイカブリの餌となるカタツムリが減っていることに心配している。

以前は、梅雨時のアジサイにはカタツムリが定番であったが、最近は年にほんの2,3頭しか見ることができなくなった。
その理由を私は知らないが、カタツムリにとっても住みにくい世の中になっているのかもしれない。

当然、カタツムリが減れば、マイマイカブリの未来も厳しい。

ポチッとよろしく!

Please click the nether banner if you sympathized with this blog.
にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

« 活断層 | トップページ | 筍御飯 »

鞘翅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 蝸牛被:

« 活断層 | トップページ | 筍御飯 »

ブログパーツ

  • 日本ブログ村
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ